価格 数量

【注意喚起】ネットショッピング詐欺および非正規取扱店での購入のご注意

詳しくはこちら

【注意喚起】ネットショッピング詐欺および非正規取扱店での購入のご注意

効率性をアップするデスク環境構築のための外部モニター接続ガイド

最適な方法とおすすめオプション

BenQ
2024/01/15

コロナ禍に増えた在宅勤務やオフィスでの作業時間が増えた影響などで、在宅やオフィスワーカーにとって、デスク環境の向上は常に模索されているトピックではないでしょうか?特にラップトップPCを外部モニターへ接続することによって、作業環境を拡張することは、生産的なワークスペースを実現するために非常に重要視されているでしょう。

特に、デザインや編集などを行う作業では、1つの外部モニターとラップトップの画面だけでは、生産性を最大限に引き出し、マルチタスクな作業を行える環境をともに構築するには足りないかもしれません。本記事では、Windows/Macラップトップを使用して3つの外部モニターを接続する方法をご紹介します。特にマルチ画面に対応していないMacBook Air M1/2/3ユーザーは必見です。

以下では、WindowsラップトップやMacBookを使用して3つの外部モニターを接続する方法を紹介します。

・高性能なラップトップを使用
・デイジーチェーン機能を備えたモニターを活用
・beCreatus DP1310 13-in-1ハイブリッドドッキングステーション

高性能なラップトップを使用

Windowsデバイスは、複数のモニターに比較的簡単に接続できます。特に、ラップトップにグラフィックカード、Thunderbolt対応の2つのUSB Type-Cポートや追加のHDMIポートがあれば、3つの外部モニターへ接続することが可能です。2つのモニターはUSB Type-C経由でラップトップに接続し、3番目のモニターはHDMIケーブルで接続します。

しかし、このような仕様を満たしたラップトップは通常高額であり、さらに使用するケーブルやグラフィックカードの性能によって、解像度やリフレッシュレートなどが制限される場合があります。さらに、一つのラップトップから直接複数の外部モニターへ接続することで、デスク上には多くのケーブルが配置され、すっきりとした作業環境の構築は難しくなります。

MacBookでは、Maxチップが搭載されたMacBook Proシリーズ製品のみがDisplayPortを介して、最大3つの外部モニターへと接続ができます。接続方法はWindowsと似ていますが、ThunderboltポートとHDMIポートに接続して最大4つのモニターを利用できますが、こちらも同様に多くのケーブルがデスクを占領してしまいます。

ラップトップのDisplayPortを使用して複数の外部モニターに直接接続することで、追加の機器を購入する必要がなくなりますが、要件を満たしたラップトップは比較的高額になりがちで、また直接接続することで増えたケーブルの管理が大変になるというデメリットがあります。

Utilizing the Laptop Display Ports

デイジーチェーン機能を備えたモニターを活用

WindowsラップトップがDisplayPort 1.2~またはUSB-C Thunderbolt 3/4を備えている場合、BenQ PD2725Uなどのデイジーチェーン機能を持つモニターへと接続し、マルチ画面での接続が可能となります。

接続方法は、ラップトップをスクリーン1に接続し、スクリーン1からスクリーン2へ、そしてスクリーン2からスクリーン3へと接続します。この接続方法をする際は、DisplayPortを使用する際にMultiple Streaming(MST)オプションが有効になっていることを確認してください。デイジーチェーンの使用方法についての詳細は、下記ボタンより「複数のモニターを接続する際のデイジーチェーンの使用方法」の記事を参照してください。

モニターのデイジーチェーン接続は、デスク上のケーブルをすっきりとまとめることができる一方で、ラップトップとモニターが機能の使用条件を満たしていることで必須です。特に、MacBookは外部モニターの使用に制限があり、デイジーチェーン機能を使用したマルチ画面環境を整えるには、使用されているデバイスの性能の確認が必要となります。

M1またはM2チップを搭載したMacBookでは制限があり、複数の外部モニターへ接続してマルチ画面に対応していません。M2 MAXなどの高性能チップはデイジーチェーン機能を備えたモニターに接続ができる一方で、最大2つのモニターに制限されます。どのMacBookモデルを使用しているかわからない場合は、Appleのウェブサイトを参照してください。

Monitors Equipped with Daisy Chain Capabilities

beCreatus DP1310 13-in-1ハイブリッドドッキングステーション

デスク上のケーブルをすっきりまとめ、M1/2/3 MacBookなどマルチ画面使用に制限があるデバイスでは、beCreatus DP1310 13-in-1ハイブリッドドッキングステーションを使用して外部モニターへと接続することをお勧めします。DP1310を使用することで、エントリーレベルのMacBookシリーズ(例:M1/2/3 MacBook Air)の性能をさらにアップグレードすることができ、M2 Maxチップを搭載したMacBook 2023 Proシリーズを使用している人と同レベルの作業環境を構築できます。

DP1310はさまざまな端子の接続をサポートしており、ラップトップを1本のUSB Type-C ケーブルで接続するだけで、最大3画面への出力に加えて、最大PD 100Wでデバイスを充電することが可能です。さらに、ラップトップにDisplayLinkソフトウェアをインストールするだけで、スムーズなマルチ画面の管理ができます。

また、DP1310にはキーボードやマウスなどの他のデバイスに接続するための2つのUSB-Aポートが搭載されています。さらに、デバイスを充電したりポータブルストレージドライブなどに接続するための3つのUSB-Aポート(最大7.5W給電/10Gbpsデータ転送)と1つのUSB Type-Cポート(最大PD 36W)が内蔵しています。すべてのケーブルをDP1310に接続できるため、乱雑になりがちなデスク上のケーブルを上手くまとめることが可能です。

さらに、DP1310はHDMI 2.1ポート(最大8K 60Hz/4K 120Hz)を備えており、PlayStation、Xbox、Nintendo Switchなどのラップトップ以外のデバイスを接続することができます。本体の緑色のボタンを1回押すだけで、メインモニターに表示されている画面への入力をHDMI2.1-USB Type-Cで簡単に変更が可能で、趣味と仕事をワンタッチで切り替えることができます。

USB Type-Cで4K 60Hzを3画面に表示することができるほか、HDMI 2.1で4K 120Hz/8K 60Hzでの画面表示も可能です。PlayStation 5やXbox Seriesといった次世代家庭用ゲーム機にも対応し、様々なデバイスを充電しながらケーブルをまとめてすっきりとしたデスク環境を構築することができます。さらに、ワンタッチでダブルデバイスの切り替えができるため、外出先で利用するノートPCと自宅での作業用PCの2台をメインディスプレイで切り替えながらなど、作業環境の効率化の向上します。

BenQ beCreatus DP1310 USB-C Multi-functional Docking Station

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ
TOP