このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

アイケアモニターを選ぶ5つの理由

BenQ
2019/06/18

近年のデジタル生活は、さまざまなテクノロジーが日々進化し、学校ではデジタル学習の普及も急速に進んでいます。そんな毎日の生活において仕事、学習、趣味など、モニターは日常のあらゆる場所で必要となり、私たちはノートPCや液晶モニターの前で多くの時間を過ごしますが、時間の蓄積は速く、目や全身の健康に少しずつ悪影響をもたらしています。特に成長期の子どもは近い視聴距離や薄暗い中でノートパソコンやタブレットを使用する時間が増え、これらは近視になる主な理由の1つと言われており、同じ姿勢で画面を見続けて作業することは、目や骨の成長にも影響を与えると言われています。


BenQでは、そんな日常の中で目の健康を維持するために、まず正しいモニターの選択を提案します。これまでに存在しなかったアイケア技術を搭載したモニターを使用することで、コンピュータビジョン症候群(CVS)を防止し、頭痛、眼精疲労、目の疲れを軽減することができます。

1. フリッカーフリー

私たちは点滅光源から目をそむける傾向にありますが、実際に従来のLCSスクリーンは1秒間に250回の割合でフリッカーしており、これは裸眼でも認識しています。モニターを8時間見た場合、目は約580万回のフリッカーを認識しています。スクリーンが発するフリッカーに長時間さらされることで目の健康に重大な影響を及ぼします。目の疲れは日々の生活でコンピュータを使用する生徒や社会人の間で特に問題となっています。さらに、学習や仕事の能力にも影響を与えます。


BenQのモニターはTÜV Rheinland認証を取得したフリッカーフリー技術を搭載しており、モニターのフリッカーの主な原因を除去します。目へのストレスや長時間スクリーンを見ることから感じる目の疲れを軽減することでユーザーは、目の健康を害した画質を妥協したりすることなく、快適な視聴環境を実現します。

With Flicker-Free technology

Without Flicker-Free technology

2. ブルーライト軽減

私たちは、光の存在で世界を認識しています。可視光線(420 nm~780 nm)と不可視光(赤外線780 nm超、紫外線420 nm未満)の2種類です。


可視光線は網膜入り、目にダメージを与えます。マルチスクリーンの世界に生きている私たちにとって、もっとも強力な可視光線であるブルーライトは特に目に有害であると考えられています。何時間もビデオを視聴したり、宿題をしたり、ビデオゲームをしたりするためにモニターを使用すると、強力なブルーライトが目に入り、網膜の黄斑に影響を与え、最終的には目の疾患を患うことになります。また、ブルーライトは睡眠誘発ホルモンであるメラトニンの生成を抑制するため、睡眠障害になることもあります。


BenQは目が成長段階にある子どもや成人の目の健康を保護するために2種類のテクノロジーをデザインしました。ローブルーライトテクノロジーはブルーライト(420 nm~480 nm)を除去し、ローブルーライトPlusテクノロジーは有害な放射光(420~455 nm)をフィルタリングすることでダメージを軽減し、色合いも影がかった黄色に変化することなく、画像の質も維持します。

3. ブライトネスインテリジェンスPlus(B.I.+)

長時間モニターを使用していると、環境光が視聴体験に影響を与える重要な要素であることを忘れてしまいがちです。環境光とディスプレイからの光の強度が大きく異なると、眼精疲労を引き起こします。明るい環境では、反射によって生じるグレアを防止するために目は無理をしなくてはなりません。薄暗い部屋では、目は非常に明るいディスプレイに焦点を当てるためにより多くのエネルギーを必要とします。時間が経つと、眼精疲労だけでなく、頭痛や目のかすみなどより重大な問題が生じる可能性があります。 BenQ独自のブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジーとブライトネスインテリジェンスPlus(B.I.+)テクノロジーにより、環境に応じてディスプレイの輝度を自動的に調節します。B.I.+テクノロジーの周囲光センサーは、1日を通じて周囲の明るさ、色温度を検知します。


BenQのアイケアモニターは、独自のリアルタイムアルゴリズムを搭載することで、自宅でのリラックスした暖色系の照明であろうと、職場での生産的な冷白色であろうと、窓を通じて入って来る日光であろうと、B.I.+は自動的にディスプレイの輝度と色温度を調節し、もっとも快適な視聴体験を提供します。

4. 高さ調整スタンド

底部から110 mm高くした高さ調節スタンドと、140mmの高さ調節、角度・ピボット・スウィーベル調節機能を併用することで、自分に合ったベストな視聴角度を見つけ出し、快適に作業をすることが可能になります。高さ調節スタンドは、特に日々身長が伸びる学生にとって、とても便利な機能です。作業姿勢や体調に応じて簡単に最適な画面の位置合わせが可能になるため、ベストな視聴環境を整えることできます。

5. カラーユニバーサルモード

マゼンタとシアンのカラーフィルターを使ってディスプレイに表示される赤や緑の量をそれぞれカスタマイズすることができます。 BenQのカラーユニバーサルモードは、赤と緑の2色を調整することによって、多様な色覚を持つ様々な方々でも色の違いを識別することが容易となり、 誰でもわかりやすいカラーで映像空間を楽しむことができます。

TOP