このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

ゲームや映画鑑賞など高品質 4K ディスプレイの選び方

BenQ
2019/05/29

この記事はコンソールゲーム、ネットサーフィン、映画鑑賞などのマルチメディア用 4K 高品質ディスプレイを探している消費者向けです。優れた 4K ディスプレイは、素晴らしい視聴体験を提供する一方で快適な視聴も確保しています。異なる使用方法には、異なる仕様を検討する必要があります。たとえば、コンソールゲームを行うのであればレスポンスタイム、リフレッシュレート、カラーパフォーマンスの仕様に注意しましょう。映画愛好家なら、HDR やコントラスト比、幅広い色域などの仕様が重要なポイントです。最適な視聴体験を実現するために、ニーズに合った適切なディスプレイを見つけることが重要です。

1 日何時間を画面の前で過ごしていると思いますか? 調査によると、平均的なアメリカ人はスマートフォン、タブレット、ラップトップ、デスクトップなどの様々なスクリーンで 1 日約 11 時間過ごしているとのことです。現在の傾向が継続すれば、ますます多くの時間をスクリーンを見ることに費やすことになるでしょう。自分の目がそれほど長時間スクリーンにくぎ付けになっているところを想像してみてください。デジタル眼精疲労、頭痛、かすみ目、光への過敏性、首や背中の痛みなどに苦しむ人がますます増えている原因です。こういったデジタル眼精疲労などの症状に注意を払わずにいると、状況が悪くなる一方です。

マルチタスクからマルチメディアモードへ

でも、PCやディスプレイなど画面の前にいる時間を減らすかんたんで実用的な方法があるのでしょうか? 今日の人々は仕事をするにも、マルチメディアを楽しむにも、常に画面に大きく依存しています。つまり画面を使用しながら作業することで、過去の「マルチタスク」モードから現在の「マルチメディア」モードに移行しているということです。現代人にとって画面を避けて作業することはますます不可能になっています。代わりにできることは、毎日のコンソールゲームや映画鑑賞用にアイケア機能を搭載した高品質なディスプレイを使用することです。こういったビジュアル体験を楽しむ前に、さらに知るべきことがあります。

仕事、ネットサーフィン、ゲーム、映画鑑賞に使用するマルチメディアディスプレイ
4K ディスプレイに期待すること

長時間快適に使用するにはどのようなスクリーンが必要ですか? コンピューターディスプレイなどを選ぶ際には、少しでも大きいものを選ぶのがベストでしょう。それが身体と目の両方にとって良いことです。はっきりと見えるようにしたい場合、15 インチ未満のディスプレイだとデジタル眼精疲労が悪化するでしょう。はっきりとかつ快適に見ること以外、ディスプレイに必要なのは素晴らしい視覚的な楽しさを与えてくれるもの以外ありません。4K ディスプレイが明らかに最高の選択です。現在ではあらゆるところで、適切な価格帯で購入できます。4K とは、ディスプレイがサポートする解像度のことで、3840 x 2160 または 4096 x 2160 ピクセルを指します。ピクセル数が大きくなるほど、画像の品質が高まります。ここまででディスプレイ解像度と基本的な「仕様」について学びました。次のセクションでは必要不可欠な機能に絞って話を進めていきます。すなわち、2 つの重要なユーザー状況と満足いく アイケア、コンソールゲーム、映画鑑賞を行う上で欠かせないスペックです。

購入すべきアイケアディスプレイの機能とは?

画面の前にいる時間が長くなればなるほど、アイケア機能はディスプレイに必要不可欠になります。この機能がない場合、人間の目は有害なブルーライトに長時間曝され、デジタル眼精疲労は避けられません。ブルーライトとは? ブルーライトと目に有害な可視的光スペクトルで、夜間の睡眠に影響を及ぼします。長時間ブルーライトに曝されると、特にデジタル眼精疲労によって目に苦痛を与えることになります。消費者が考慮する最初の基準をブルーライトを弱める技術を用いてクリアし、これまでにない快適さを享受できます。ブルーライト軽減技術、アンチグレア、フリッカーフリーの他に 2 つ必須機能があります。

 Eye-Care モニターをブルーライト軽減 Plus 技術の有無で比較

またセンサーが検出したアンビエントきます。アイケア機能を使用することで、消費者照明によって、他にはない最新機能で画面上の輝度と色温度を簡単に調整し、明瞭さと彩度を視認できるレベルに保つことがではコンソールゲームや映画を心行くまで楽しむことができます。

コンソールゲーム用ディスプレイに必要な仕様とは?

コンソールゲームに関しては、ギクシャクした画像を経験せずにすむようにレスポンスタイム、リフレッシュレート、カラーパフォーマンスに注意しましょう。レスポンスタイムとは、ピクセルをあるグレーの陰影から別の陰影に移すために必要な時間を指します。数字が小さくなるほど良いです。リフレッシュレートは、画面全体を更新するのに必要な時間(秒単位)で、ヘルツ(Hz)で表します。高くなるほど良いです。フレーム自体の視覚効果が気になるなら、ディスプレイのカラーパフォーマンスを確認しましょう。これは、幅広い色域とより暗い部分の表示のことです。

コンソールゲーム用ディスプレイ設定の状況シミュレーション
映画好きが購入すべきディスプレイの特徴

映画が大好きなのであれば、HDR やコントラスト比、幅広い色域に注目して最高のマルチメディア体験を楽しみましょう。HDR とは、画面上の明暗の画像間により高いレベルのコントラストを作り出す最新技術で、はるかにリアルな画像を作成します。HDR の効果を最大限に得たい場合は、3840 x 2160(または 4096 x 2160)解像度を持つ 4K ディスプレイを必ず用意してください。これにより画像品質が向上します。コントラスト比は、明るい色(白色)と暗い色(黒色)の輝度の比率であり、ディスプレイが生成可能なコントラストを指します。コントラストが高いほど、ディスプレイに表示される、より暗い部分においてディテールが際立ち、どんなクライマックスも見逃しません。色域に関して、映画愛好家は、映画の色が実際の生活やビデオのものとは非常に異なることに間違いなく気付くでしょう。そのためもし幅広い色域のディスプレイを所有していないと、多くのディテールを見逃したり、映画に没頭できなかったりする原因になります。HDR やコントラスト比、ディスプレイが提供する色域に注意を払い、ご自身のビジュアルニーズに適したディスプレイを選択しましょう。

正しいディスプレイを選択することで究極のマルチメディア体験が可能に

すべてのオプションを考慮すると、使用用途別にそれぞれディスプレイを購入する必要があるのか?と、さらに混乱してしまうかもしれません。いえ、そんなことはありません。この記事では、快適な視聴、コンソールゲーム、映画鑑賞という異なった用途でも共通して考慮すべきポイントについて説明しています。すでにお気付きの通り、ディスプレイ製造者は、顧客調査を行うにつれてニーズに合わせて、さまざまな種類のディスプレイを開発してきました。そのため、現在は自分にぴったりのディスプレイを見つけることは実際に非常にかんたんになりました。優れた画像品質を求めるなら、まず解像度に注目してください。そこからどんなスペックがさらにが必要なのか検討すれば、自分にぴったりのディスプレイで快適に視聴を楽しむことができるでしょう。

関連記事

TOP