BenQナレッジセンター | 知識ページ

BenQ の HDR 技術

BenQ
2018/09/14

BenQ の HDR 技術は、消費者に最高のビジュアル体験を提供します。BenQ ディスプレイ上で HDR 画質を完璧に表示するためには、トーンマッピングと色域マッピングの 2 つの専有チューニングプロセスが必須です。さらに、独占的な BenQ シネマ HDR モードでは、明るいシーンを過度に露出せずに、見事な輝度を提供します。また、HDR 出力を完全に調和させることにより、暗いシーンのディテールでも明確に輪郭を示します。

トーンマッピング

「トーン」とは、輝度、暗さ、コントラストに関する重要な色特性を指します。画像を正確に表示するには、デバイスのトーンを専門的に調整し光学的な特徴を十分に考慮する必要があります。これは、ソース信号をトーンマッピングで処理し、正しい入力コード値をディスプレイの最大輝度に関連付け HDR のトーンを完全に表示するということです。

色域マッピング

「色域」とは、ディスプレイが表示できる色の範囲を指します。また、ディスプレイの色の再現能力を意味することもあります。各ディスプレイの色域は異なるため、もし入力された色が出力デバイスで表示されない場合、重大な歪みが発生します。このため、色域マッピングは色が再現される上で重要な手順になります。

HDR 技術は、複数のデバイス上での色域マッピングを構成しています。現在の HDR アプリケーションは主として、Rec. 2020 を Rec. 709 にマッピングする場合のような、広色域を狭い範囲へ圧縮することに重点を置いています。  (Rec. 2020 は、最新の国際的なビデオフォーマット規格であり、元の企画である Rec. 709 に比べて圧倒的に幅広い色域を提供します)この変換技術は、カラー処理チップを利用して複雑な色域計算を完璧に行います。

BenQ HDR ディスプレイには、この極めて重要なチューニング技術の両方が適用されています。正確に画像を表示する上で抜群の効果があり、完璧な品質で実物そのもののビジュアル体験をもたらします。

独自の BenQ シネマ HDR 技術

BenQ HDR ディスプレイは、独自のトーンマッピングおよび色域マッピング技術に加えて、HDR と BenQ シネマ HDR モードにより市場においてもユニークな位置を占めています。BenQ シネマ HDR モードは、暗い部分で繊細なディテールを残し過度な露出を最小化します。そして通常の HDR の高パフォーマンスを輝度スペクトルの上部レジスタと一致させることにより素晴らしいシーンを提供します。その一方で低輝度のグレイスケールでは、より精密で細かいレスポンスに変更します。

また重要なのは、BenQ シネマ HDR は、ディスプレイのカラー出力と色調を自動的に調整し、完全飽和色のパフォーマンスを提供するということです。映画、ビデオゲーム、その他の色鮮やかなコンテンツにおいてユーザーはその世界に没頭するでしょう。これは、BenQ HDR ディスプレイのユーザーは通常の HD テレビスタイルの HDR モードか BenQ シネマ HDR モードのどちらかを選択して、好みに応じて、最高の HDR 視聴体験にカスタマイズできるということを意味します。

HDR

BenQ Cinema HDR visual effect enhanced

TV HDR strong visual effect

TOP