BenQナレッジセンター | 知識ページ

アイケアモニターで e ラーニングを始めよう!

BenQ
2019/12/03

子どもたちにとっての楽しみといえば、かつてはボール遊び、木登り、ウサギの形をした雲を探すことでした。それが今、子どもたちが雲の形よりも気になるのは、スクリーン上に何が映し出されているかということなのです。テクノロジーが進化し、子どもたちが世界を知る方法が変わりました。親としては、タブレットやインターネットに触れさせるべきかどうか、ジレンマを感じるかもしれません。だからこそ、我々は親御さんにコントロールすること、付き添うこと、コミュニケーションをはかることのメソッドを取り入れるようお勧めしています。

お子様のデジタルデバイス使用時間をコントロールしましょう

ートパソコンやタブレットを休憩せずにずっと使っていると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。 モバイルデバイスやパソコンの使用時間に上限を設けるのが好ましいでしょう。20-20-20ルールを取り入れ、デバイスを20分使うごとに20フィート(約6メートル)離れたものを20秒間見て目を休めるよう促しましょう。こうすることで視覚障害のリスクや眼精疲労の軽減につながります。モニターブランドの中にはユーザーに定期的に休憩を知らせるリマインダー機能付きのものもあります。

人間工学は考慮すべき重要項目です

若い学生や子どもたちにとって 人間工学は、骨の成長や目の健康という点で極めて重要です。パソコンデスクとお子様の体のサイズが合うように調節しましょう。子どもにとってのモニターと目の推奨距離は20~28インチ(約50~70センチ)とされています。20インチ(約50センチ)より近い距離でパソコンの画面を見ると眼精疲労を引き起こします。そして、モニターの高さ、チルト、ピボット、スイベルを調節することでお子様の快適な視聴を実現します。

機能的に適切な輝度を保ちましょう

モニターの前で過ごす時間が長くなるほど、目の健康を守るためには適切な輝度が重要になります。BenQのアイケアモニターには独自開発の ブライトネスインテリジェンス技術が搭載されており、快適に視聴できる液晶輝度を自動で検知し調整します。自動で環境に応じて調整するのでお子様の勉強部屋の照明の明るさを心配する必要はありません。

デジタル世界へ探検の旅に一緒に出かけましょう

タブレットやスマートフォンでゲームをさせている間に静かなひと時を過ごしたい親御さんもいます。しかし、デジタルデバイスはベビーシッター代わりではありません。一緒に使いながら不適切なコンテンツをフィルタリングし、ガイドしてあげることが好ましいでしょう。

あなたが適切と判断するウェブサイトを教えながら、お子様が適切なウェブサイトを見つけるサポートをしてあげてください。宿題に役立つような内容や、興味があることに関連したサイトを見つけられるように導いてあげましょう。

コミュニケーションを図ることが大切です

子どもがそのつもりがなくてもネット上のトラブルに出くわすこともあるかもしれません。サイトのアドレスを間違って入力したり、混乱した検索ワードを入力したり、 不適切な広告をクリックしてしまったりして、寝る前に気まずい会話をすることになりかねません。

ネット上でのいじめ、悪意のある大人からの誘い、著作権を侵害するコンテンツの違法ダウンロードの脅威は常に潜在しています。保護者は子どもが何を考えているのかを理解し、何か困ったことがあれば打ち明けられるような、オープンなコミュニケーションを図ることが大切です。

自由と制限のバランスを

お子様にとってシンプルでわかりやすいルールを設定しましょう。パソコンとインターネットの安全な利用について理解できるようにサポートするための時間を短くても作ってください。モダンテクノロジーのインフルエンサーであるビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズが、自分の子どもが 画面の前で過ごす時間に制限を設けていたのには理由があるのです。

ここまでに述べてきたアドバイスをぜひ考慮して、お子様に安全にネット上で世界を探検できる自信を持たせてあげると同時に、親として安心できる基盤を築いてください。

お子様に選ぶモニターに求めるもの

アイケア技術搭載のモニターを選びましょう。BenQのモニターはアイケア技術により、従来のモニターでは受けやすかった目に対するストレスを排除するよう設計されています。アイケア技術搭載のモニターを選びましょう。BenQのモニターはアイケア技術により、従来のモニターでは受けやすかった目に対するストレスを排除するよう設計されています。ブライトネスインテリジェンスはどんな照明環境でも最も快適な液晶輝度を提供します。フリッカーフリーは画面のちらつきを抑え眼精疲労を効果的に軽減します。ブルーライト軽減の機能により有害なブルーライトを除去し、網膜を傷つけるリスクを軽減します。高さ調節が可能なので、人間工学的に最も適した高さにカスタマイズできます。

TOP