BenQナレッジセンター | 知識ページ

フォトグラファーに必要な色校正とは?

BenQ
2018/09/13

自然色に近い色を表示するプロ用ディスプレイを購入した後、フォトグラファーはディスプレイ色校正の方法も学ぶ必要があります。ディスプレイを長期間使用すると、輝度の軽減や多少の色の変化が起こる為です。これらを無視して放置すると、編集後の最終的な画像や芸術作品の精度が大きく影響します。これを侮ることはできません!続いて、お気に入りのプロ用ディスプレイを使用して、色の一貫性と精度に自信を持つためのディスプレイ色校正について役立つ情報と知識をご紹介します。

「理想的な」条件下では、使用されているデバイス(ディスプレイ、プリンター、モバイルデバイスなど)に関係なく写真の色が一貫して表示されるべきであることがわかります。ただし、残念ながら決してそうはいきません。同じ作品でも、オフィス、家庭、顧客端末で色の表示は全く異なる可能性があります。これは多くの写真家にとって非常に厄介です。このような場合、カラーマネジメントを行う必要があります。カラーマネジメントとは何ですか? 簡単に言えば、コントロール可能な色変換技術を使用することで、さまざまなデバイスで表示される色を「可能な限り同じように」複製することができるようになります。各デバイスが異なる色を呈する理由は、各デバイスで使用されるカラーモードのためだけではなく、大量生産で使用されるバッチコンポーネントに小さな違いがあることによっても生じます。このような問題の解決方法は? 現在、取引市場のように機能する標準的なカラースペースが必要です。それによって 2 つの異なるデバイスがカラースペースと色域を適切に変換できるようになります。結果として、異なるデバイス上でも可能な限り同じように再生産された色を目にすることができます。

Under “ideal” conditions, consistent colors should be able to be reproduced for the same image on different devices. 

標準的なカラースペースを定義するのは誰ですか? インターナショナル・カラー・コンソーシアム(ICC)です。標準カラースペースは PCS(プロファイル接続空間)と呼ばれます。標準的なカラースペースに加え、ICC は ICC プロファイルも定義します。ICC プロファイルは各デバイスのその時のステータスに関連付けられています。たとえば、.icc や .icm ファイルは、ディスプレイ用の色校正を実行した後で生成されます。ICC プロファイルは、関連するデバイスの色特性と標準のカラースペースへの変換を実行する方法を定義します。PCS を「取引市場」としてデバイス間の色域変換(Adobe RGB→L*A*B*→CMYK)に使ってみましょう。また、ICC プロファイルに記載されている特性と合わせて、フォトグラファーは異なるデバイス上でも簡単に一貫した色を再現できます。

Through ICC profiles, devices can perform conversion to the standard color space to exhibit consistent colors.

通常カラーマネジメントを行うには、キャプチャから出力まですべてに実装する必要があります。フォトグラファーにとって、カメラ、写真編集ソフトウェア(Adobe Lightroom/Photoshop)、ディスプレイなどに同じ色域(Adobe RGB など)を選択するだけでなく、それぞれのコンピューターディスプレイと作業に使う出力デバイスで色校正も行う必要があります。これにより、フォトグラファーや写真編集者が、作業を行ったり作品を投稿したりする場合、写真の色が非常に正確であることを保証できます。ディスプレイ、プリンター、スキャナー、その他のデバイスは、すべて独自の ICC プロファイルを有しています。たとえば、フォトグラファーが毎日使用しているディスプレイを例にすると、この ICC プロファイルはキャリブレータがディスプレイを校正した後に生成されます。ポストプロダクションソフトウェアを使用して画像を編集した後、他のディスプレイやプリンターで最大限に正確な色を表示するため、ファイル保存時に ICC プロファイルを画像に埋め込む必要があります。

もちろん、このステップを完了しただけでは正確な色が保証されるわけではありません。なぜなら最も正確な色を表示するためには写真編集ソフトウェア(Adobe Lightroom/Photoshop など)でも正しいカラースペースで選択する必要があるためです。ソフトウェアで ICC プロファイルを正しく用いて、カラーマネジメントを行うことはできますか? これについては次の記事に記載されています。

3D-LUT の説明の前に LUT とは何なのかを最初に理解しましょう。LUT とはルックアップテーブルの略です。主要な機能は、コンピューターから色信号を解釈してルックアップテーブル上の対応した出力値を見出し、その結果をディスプレイに表示することです。画像は多くのドット(ピクセル)から構成され、各ピクセルに記録された情報(ビット深度)で色情報が構成されています。ディスプレイの世界では、LUT はインデックスとして使用されます。対応する新しい値が LUT で見つかると、表示されます。これにより、色がより効率的に表示されることになります。3D-LUT と従来の 1D-LUT との最大の違いは、後者が R、G、B の 3 つの一次元ルックアップテーブルに対して個別に対応した色値(R、G、B)を検出するのに対して、インデックスソースである 3D-LUT は三次元のカラーコンビネーションチャートであり、対応する値が内部から見つかります。その最大の利点は、正しい色を正確に表示できることです。

Compared to 1D-LUT, 3D-LUT has a three-dimensional color combination Look Up Table concept, able to interpret the in-between color values even more accurately, and allows the monitor to display a much more continuous tone transition.

一般的に、ハードウェア色校正を実行する手順は次のとおりです。

1. Turn on the monitor for a period of time to warmup (approximately 30 minutes).

2. Open the color management software and colorimeter or spectrophotometer, and follow the instructions from the software to perform color calibration.

3. After completing all the color calibration steps, the color management software will analyze the measured data and save related information in the LUT of the monitor, and save the related ICC file in the system OS. 

4. Afterwards, every time the system turns on, it will automatically apply the ICC profile to match the LUT output of the monitor.

 

More knowledge on monitor hardware color calibration: 

Art Suwansang’s Video Review of SW320: Hardware Calibrated 4K Display for Photographers

BenQ SW2700PT is the Best Monitor for Hardware Calibration for professional Photographers

Portrait Photographer Piotr Piatek Demonstrates how to Hardware Calibrate Photographer Monitor SW271

ディスプレイ校正は通常、ソフトウェア色校正とハードウェア色校正の 2 つのカテゴリに分けられます。ソフトウェアとハードウェア校正のどちらを行うにせよ、ディスプレイ校正には比色計か分光光度計が必要です。2 つの校正方法の主な違いは、ソフトウェア校正が色校正ソフトウェア(i1Profiler など)とキャリブレータを使用して、色の断絶を起こすグラフィックカードの出力パラメータを直接調整するのに対し、ハードウェア色校正は、キャリブレータとディスプレイメーカーが開発した校正ソフトウェアを使用して、ディスプレイキャリブレーションを実行します。色校正データは、ディスプレイハードウェアの 3D-LUT に保存されます。最大の利点は、より正確な色を表示することと、ディスプレイが表示しうる最大の色深度を保つことで、滑らかな色のグラデーションを実現し不均一を避けることができます。

Once a professional monitor that supports hardware color calibration is purchased and with proper calibration knowledge and practice, you can ensure that the work you have submitted is in consistently high standard.

関連記事

TOP