このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

上質スピーカー内蔵スリムモニター

BenQ
2019/11/07
how benq packs expansive audio in a thin display
なぜBenQはオーディオシステムをモニターに搭載するのか?

モニターは、優れた音質で知られることはあまりありません。スペース、コスト、配置が常に懸念材料となるためです。それでも、可能性の限界が広がることを信じて、BenQは高品質のモニター用サウンドシステムを作るために時間と労力を費やしました。 それぞれのスピーカーのもつクオリティ、そして2.1チャンネルオーディオといったサウンドシステムは、エネルギッシュな高音から重低音まで、完全なサウンドスペクトルを表現します。 内蔵スピーカーによって生成される音は、素晴らしい音質を周囲にもたらします。はっきりした会話や表現力豊かなディティール、正確な音像定位。このシステムは、Hi-Fiサウンドシステムと同じようなレベルのサウンドを提供します。

組み込みのサウンドシステムが低クオリティなのはなぜですか?

最近では、モニターにオーディオシステムが標準搭載されています。 しかしながら、多くの場合、ユーザーはこのオーディオシステムを使用する事なく、代わりのサウンドシステムを接続することを好みます。 これは通常、標準搭載されたオーディオシステムの周波数範囲が狭く、高レベルでの出力と歪みに問題があるためです。 その上、古いオーディオシステムでは、正確なサウンドを表現するのに懸念が残ります。

モニターでは、サイズと配置が音質に大きな影響を与えます。 例えば、非常に薄いスピーカーでは、低音域や、大音量でのオーディオの音割れ、モニターへの振動の問題があります。 これはコストだけでなく、テクノロジー自体が優れた組み込みオーディオ品質の障害になることを意味します。

オーディオのクオリティを維持するためにBenQがした事
カスタマイズされたスピーカー、内部2.1チャンネルサウンド、振動を除去するマルチポイントサスペンション

BenQは、オーディオファンの観点からサウンドデザインを考えました。高い評価を得ているBenQ treVoloスピーカーに取り組んだチームの経験を活用して、組み込みのサウンドシステムに2.1チャンネルサウンドを採用し、高音、中音、低音を正確に表現させ、フルレンジで高品質の音を生成します。 そのため、BenQは独自のカスタマイズされたスピーカーを使用し、さらにウーファーとトゥイーターを別々のスピーカーキャビネットに収容しました。 ウーファー自体は長いストロークのために大きなコーンを持っています。 ただし、ストロークが長くなると不要な振動が発生する可能性があるため、treVoloの設計チームはマルチポイントサスペンションを使用して、振動を分離して画像の揺れを防ぐ高音質を確保しました。 トゥイーターはモニターの真下に配置され、ユーザーの方向に音を発し、高品質の音で近距離でのリスニングを満足させます。

front-end speakers are angled toward the user back-end speakers emit wrap around sound

図: フロントエンドスピーカーは、ユーザーに向かって配置されています。バックエンドスピーカーは「包み込むような」サウンドを発し、臨場感あふれるオーディオエクスペリエンスを提供します。

 

デュアルボイスコイルとデュアルマグネット構造
デュアルボイスコイルとローエンドの周波数ブースト設計のデュアルマグネットトゥイーター

薄いモニターでは内部のスペースは限られているため、小さなスピーカーのみ内部に組み込むことができます。 BenQは、優れた品質のHi-Fiサウンドを生成する、大きな表面積を持つ長いコーンを採用することにより、空間と音質の問題を解決します。 また、従来のスピーカーとは大きく異なるボイスコイルとマグネットを採用しました。 デュアルボイスコイルとデュアルマグネット構造は、柔軟なサラウンドエンクロージャーを備えた2つのボイスコイルとマグネットを使用し、スピーカーの反応を速くし、力強いサウンドと自然な音を実現します。低音に関しては、アルミニウム合金コーンとポート設計により、低音域を拡大し、小さなスペースでも高品質な音を実現します。内蔵スピーカーには、BenQはネオジム磁石のみを使用しています。ネオジム磁石は、高温でも動作し、出力の品質を一定に保ちます。

the woofer has a larger cone for a longer stroke

図: ウーファー

 

the woofer port design makes clearer and higher output for low-end frequencies

図: ウーファーポートの設計により、低周波数帯域でよりクリアな高出力を実現

 

独自のデジタル信号プロセッサ
ニーズに合わせた5つのサウンドモード

BenQの優れたサウンドデザインは、モニターに内蔵2.1チャンネルサウンドシステムを使用して高品質のオーディオを生成します。オーディオファンの観点からサウンドデザインにアプローチするBenQは、treVoloオーディオチームの経験を活用して、リアルなリスニングエクスペリエンスを実現する、クリアなテクスチャのオーディオ品質を生み出しました。さらに、モニターにはデジタルシグナルプロセッサ(DSP)チップが内蔵されており、5つのモードが用意されており、リスナーはオーディオソースとニーズごとに異なるモードを使用できます。エンジニアはDSPのプリセットモードに頼るだけでなく、音響と心理学の原理を利用し、距離とスピーカーの配置も考慮して、各モードをカスタム設計しました。どんなモニターの用途であろうとも、ユーザーは満足した音質を楽しむことができます。

treVoloが搭載されたモニターには、映画、ゲーム、台詞/ボーカル、ロック/パーティー、ポップ/ライブの5つのモードが含まれます。 シネマは、特に映画を見るために設計されています。音声を調整して、ボーカルの質を高め、会話をクリアにし、低音を強化します。ゲームモードでは、音の定位と臨場感のある音声が強調されます。会話/ボーカルモードではクリアな音声品質を強調し、テレビ番組や言語学習に最適です。ロック/パーティーモードは音楽ファン向けで、低音と3Dオーディオ効果が強化されています。また、ポップ/ライブモードはリアルでライブのオーディオ品質に最適化されています。

Making adjustments for different music makes polished sound effects that carry more feeling and better fit the audio being delivered

図: さまざまな音楽/オーディオの調整を行なうと、洗練されたサウンドエフェクトが作成され、より多くのフィーリングが得られ、配信されるオーディオにフィットします。

 

TOP