価格 数量

【注意喚起】ネットショッピング詐欺および非正規取扱店での購入のご注意

詳しくはこちら

【注意喚起】ネットショッピング詐欺および非正規取扱店での購入のご注意

プログラミングに最適なモニターを選ぶための7つのポイント

BenQ
2024/04/23

コーディング環境を最適化するための理想的なモニターを見つけるためには、考慮すべきスペックや機能を理解して選定することが重要です。モニターのスクリーンサイズや解像度から、コーデイングに特化したモードの搭載や、長時間の使用時に体や目に優しい環境を実現するアイケア機能やエルゴノミクスデザインまで、各要素がコーディング体験を向上させる重要な役割を果たします。本記事ではプログラミングに最適なモニターを選ぶための7つのポイントを、Qiita株式会社が2024年2月にQiitaユーザーを対象に実施した「エンジニア向けモニター利用状況調査」*のデータとともに紹介しています。

*n.=169

モニター選び7つのポイント:

Best Monitor for Programming

ティルト

1. スクリーンサイズとセットアップ

最適なコーデイング環境の構築に、適切なスクリーンサイズやセットアップを選ぶことは非常に重要です。24~32インチからウルトラワイドなど多くのサイズのモニターがある中で、 「エンジニア向けモニター利用状況調査」では約60%の方が27~32インチがコーデイングに最適であると回答するなど、比較的大きな画面サイズが好まれる傾向にありました。万人に合うモニターサイズはないものの、ユーザーの作業環境や好みに合わせて、最適なサイズを選択することが重要です。

新しいプログラミングモニターRDシリーズは、ITエンジニア特にプログラマーのさまざまな好みやニーズに対応する32インチ、28インチ、および24インチの3つの異なるモニターサイズを展開しています。プログラミング用のシングルモニターセットアップを好む人には、複数のウィンドウを同一画面に表示が可能な28インチと32インチがより適しています。これらは、長時間のコーディングセッション中にクリアで快適な視聴体験を提供します。複数のモニターセットアップを好む場合やデスクトップスペースが限られている場合は、24インチまたは28インチが良い選択となるでしょう。

Monitor Size and Setup

さらに、RDシリーズにはアスペクト比3:2の28.2インチサイズと16:10の24.1インチの2種類があり、プログラマーがスクロールに時間を費やすことなく、より多くのコードを表示でき、コードレビューの生産性の向上をサポートをします。

2. 解像度とコントラスト比

コーディング中にシャープなテキストと鮮明なビジュアルを表示するために、解像度とアスペクト比は非常に重要な要素となります。

解像度に関してはさまざまな好みがありますが、Qiita社と実施した「エンジニア向けモニター利用状況調査」では、50%以上がWQHD解像度以上のモニターがコーデイングには最適だと回答しました。コントラスト比については、暗い場所での作業に慣れているプログラマーは、高いコントラスト比が視認性を向上させ、詳細な部分も鮮明に視認可能となり、さらにデジタル眼精疲労を軽減し、コーディング作業をより効率的にします。

Resolution and Contrast Ratio

3. 縦型モニターでより多くのコードを表示

「エンジニア向けモニター利用状況調査」では、約30%の回答者がコーデイングの際に縦型モニターを使用すると回答しました。モニターを縦型に設置することにより、1台のモニターでより多くのコード行を表示し、全体の作業を俯瞰して視認しながら作業することができます。縦型で作業をしたいプログラマーは、検討しているモニターが簡単にピボット(回転)できるかどうかを確認してください。

BenQは、モニター専用ソフトウェア「Display Pilot 2」を開発し、モニターを縦型にする際にモニター内の表示スムーズに回転させるピボット機能を開発しました。このソフトウェアで、縦型表示への移行がよりシームレスでストレスフリーになり、生産性の向上をお手伝いします。

See More With a Vertical Monitor

4. 明瞭なコード表示のためのコーディング特化型モード

「エンジニア向けモニター利用状況調査」では、51.8%の回答者がコーディング作業においてモニターで一番重要な項目として「コードの見やすさ」を挙げました。コードを明確に読むためには、高解像度とコントラスト比が重要ですが、BenQはさまざまな開発環境でコードの識別を向上させるためにコーディングに特化したコーディングモードを開発しました。

明るいテーマや暗いテーマの両方を搭載し、ユーザーの好みに合わせて最適な視認性と快適なコーディング作業環境を実現します。明るい色の強度を減らしながら文字と背景色のコントラストを強化することで、BenQプログラミングモニターは長時間のコーディングセッション中での目に優しい視聴体験を促進します。

RDシリーズに搭載されている高度なコーディングモードは、”Il1” “0oO”および”q9g”などの文字の明確な識別を保証するために、可読性を向上させ、視覚的な負担を軽減するダークテーマを提供します。IDEソフトウェアのダークテーマと組み合わせることで、視覚的な明瞭さと快適さを最適化し、比類のないプログラミング体験を提供します。

Specialized Coding Mode

5. アイケア技術でデジタル眼精疲労を軽減

長時間画面と向き合うプログラマーにとって、目の健康をケアすることは非常に重要です。調査では、50%以上のエンジニアが、「長時間使用による目疲れ」をモニター使用時に感じている問題として回答しました。特に暗い環境下で、長時間モニターの前でコーディングに集中するプログラマーにとっては重要な課題と言えるでしょう。

プログラミングに適したモニターを選ぶ際には、眼精疲労のリスクを最小限に抑えることを目的とした機能、例えば有害な放射線をフィルタリングして目のダメージを軽減しながら作業品質を維持する低ブルーライトや、グレアと反射を排除し快適な視聴環境を実現する細かくコーティング(ファインコーティング)されたパネルなどを検討することが重要です。

Backlight Design

6. 体の快適さのためのエルゴノミクスデザイン

「長時間による目疲れ」に加えて、「姿勢にあった調整がしずらい」や「長時間による体の疲れ」などがプログラマーがモニター使用時に感じている問題としても多く回答されていました。多くの方は昇降可能テーブル、手首や首のクッション、エルゴノミックチェア、エルゴアームなどを購入し、作業時の快適性を向上しています。

目に優しいアイケア機能に加えて、モニターを最適な環境に設定することにより快適性を向上することも長時間のコーディングセッション中には欠かせません。前述した多数のエルゴノミックアクセサリーを購入するために時間と労力を費やすのではなく、エルゴノミクスデザインを採用したユーザーの好みに合わせて調整可能なモニターを選ぶことは優先されるべき項目でしょう。

Ergonomic Design

7. マルチタスクのための直感的な設定

多くのエンジニアは長時間コーディングに集中し、同時にマルチタスクを行うことが多いため、より直感的で使いやすい設定が作業効率を大幅に向上させることができます。
では、モニターにおける一般的な直感的な設定とは何でしょうか? 一つの特徴は、USBハブを備えたUSB Type-Cです。プログラマーはさまざまなデバイスをデスクで使用することが多いです。1本のケーブルだけで複数のデバイスを接続できるため、デスク上のケーブルの混雑を減らし、生産性を向上させながら整然としたセットアップを維持できます。

Intuitive Settings for Multi-Tasking











*Mac®ユーザーは、デイジーチェーン機能の使用する際は、Thunderboltポートや他のデバイスを備えたドッキングステーションを介する必要があります。

さらに、BenQ RDシリーズは、ファンクションバーやバンドルソフトウェアの「Display Pilot 2」などの便利な機能を搭載および対応しており、モードの変更、重要な機能やショートカットへ素早く直感的にアクセスすることができます。

BenQプログラミングモニター

{{title}}

現在在庫切れです。 再入荷のお知らせをご希望の場合は、下記にメールアドレスのご登録をお願いいたします。

*
Required.
*
Required.
*
Required. Invalid email format.
Required.

再入荷お知らせメールのお申込みを受け付けました。再入荷され次第、ご登録のメールアドレスへお知らせいたします。

Sorry, our store is currently down for maintenance.We should be back shortly. Thank you for your patience!

close-button

BenQプログラミングモニター関連記事

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ
TOP