【BenQダイレクトショップ夏季休業のお知らせ】8月9日(火)朝10時以降ご注文いただいた商品は8月17日(水)以降に順次対応させていただきます。
このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る

Palette Master ElementとPV、SWシリーズモニターが接続に失敗し、FTDIドライバが起動しない場合はどうすればよいですか?よいですか?

03-08-2022


FTDIドライバが起動しない場合は、以下の手順をお試しください。

1. PCとモニターを接続するデータ転送ケーブル(USB Type-A - Type-Bケーブル)とキャリブレータ以外のUSBデバイスをすべてモニターから取り外します。

2. 右の画像を参照し、OSがWindowsの場合はFTDIドライバを削除します。<Insert 


3. BenQホームページより最新版のPalette Master Elementをダウンロードとインストールしてください。注Palette Master Elementをインストールする際は PCとモニターを接続するデータ転送ケーブル(USB Type-A - Type-Bケーブル)を接続してください。

4. FTDIドライバのエラーメッセージが消えない場合、データ転送ケーブル(USB Type-A - Type-Bケーブル)を抜き差しするか、新しいケーブルに交換してください。

5. FTDIドライバのエラーメッセージが消えない場合は、最新版のキャリブレータドライバをダウンロードし、インストールしてください。

6. PCを再起動し、 Palette Master Elementを起動してFTDIドライバが使用可能かご確認ください。

Palette Master Elementを使用してモニターをキャリブレーションする場合、PCのディスプレイ設定を拡張モードを使用してモニターと接続してください。

それでも問題が解決しない場合は、 ベンキュー  サービスセンター(support@benq.jp)にお問い合わせください。

症状例:<Insert photo:Symptom example>

対象製品

SW240, SW2700PT, SW270C, SW271, SW271C , SW320, SW321C

この情報は有益でしたか?

はい いいえ
TOP