【BenQダイレクトショップ夏季休業のお知らせ】8月9日(火)朝10時以降ご注文いただいた商品は8月17日(水)以降に順次対応させていただきます。
このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る

BenQのモニターは、WHQL(Windows Hardware Quality Labs)ドライバをインストールする必要がありますか?また、WHQLドライバーのアップデートはありますか?

11-03-2021





Microsoft社は、BenQ製のモニターに関連するすべての認証とドライバをWindowsにあらかじめインストールしています。


BenQのモニターはプラグアンドプレイ対応のディスプレイなので、WindowsのPCにドライバをインストールする必要はありません。


画面に画像が表示されない場合は、グラフィックカードが正しく動作しており、最新バージョンのドライバーが適用されていることを確認してください。モニターとは異なり、グラフィックカードやアダプターは必ずしもプラグ&プレイではありません。


BenQの公式サイトからダウンロードできるWHQLドライバには、ネイティブパネルの色空間に合わせて微調整された1つのICCプロファイルしか入っていません。一般的には、パネルのモデルが変更されない限り、ICCプロファイルは更新されません。


ユーザーマニュアルの指示に従い、WHQLドライバをインストールすると、Windows PCでICCプロファイル(.icmファイル)が適用されます。その後、ネイティブパネルのカラースペースがデスクトップやノートパソコンで認識されます。

この情報は有益でしたか?

はい いいえ
TOP