このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

デバイス間で色が異なるのはなぜですか?

2018/04/16

下の4枚の写真を見てみましょう。それぞれの写真は、4種類の画面ディスプレイに表示されているものです。ディスプレイ上で色がどのように異なっているか注意してください。4つのデバイスでカラーマネジメントを実施する以前に、さまざまなハードウェア技術とカラー設定に起因する、目に見える色の違いがあります。色温度、彩度、コントラストなどのデフォルトの色設定は、一般的に使用される色に合わせて自宅のディスプレイに表示されます。しかし、色精度が求められる商業印刷会社や、フリーランス、作業者にとって、カラーマネジメントはワークフローに不可欠です。

同じモデルのLCDディスプレイでも、バックライトモジュールとカラーフィルターの偏差に起因する色の不一致が現れます。校正によってディスプレイ間の色の差異を減らすことができます。

以下は、異なる混色系を使用して色を生成するデバイスです。オプティカルデバイスは加法混色を使用し、プリントデバイスは減法混色を使用します。

1.光学入力デバイス:カメラ、スキャナー

2.光学出力デバイス:ディスプレイ、プロジェクター

3.印刷装置:プリンター

加法混色

加法混色理論は、光、特に赤色、緑色および青色の光を混合することによって色を生成することを説明するものです。上記3つの色は、加法混色モデルのための原色と呼ばれます。シアン、マゼンタ、イエローの2次色を作成するために、さまざまな光量の赤色、緑色および青色の光を混合することによって、他の色を作り出すことができます。赤色と緑色の光を混ぜると黄色の光が得られます。緑色と青色のオーバラップからシアンが生成されます。青色の光と赤色の光とを組み合わせることによってマゼンタが生成されます。3つの原色をすべて同時に加えることによって白色の光が生成されます。

一般に使用されるRGB色空間は、赤色、緑色、青色の光がさまざまな光量で混合されて広範囲の色を生成する加法混色モデルを使用します。

減法混色

減法混色系では、着色剤を混合することによって色が生成されます。着色剤によってある種の色の光は吸収(減法)されますが、他の色は反射され、観察者の目に見えます。減法原色はシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)です。イエローとシアンを混ぜると、緑色になります。イエローとマゼンタを混ぜると赤色が得られます。マゼンタとシアンとを組み合わせると青色が生成されます。理論的には、三原色をすべて組み合わせると黒色になります。しかし、実際には、暗褐色が生成される結果となります。したがって、三原色から生成された不完全な色を補うために、カラー印刷に第4の色である黒色(K)が加えられます。

この減法混色モデルは、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)および黒色(K)からなるCMYK色空間と呼ばれます。

TOP