このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

より良い写真の第一歩:「優秀」ディスプレイの選択

BenQ
2018/06/30

写真の愛好家やプロのフォトグラファーとして、適切なカメラレンズ、優れた写真撮影技術、明確な思考パターン、ユニークな「写真家の目」を持つことの他に、絶対必要な重要な要素とは何でしょう? 答えは、ディスプレイです。この記事に登場する「ディスプレイ」とは、皆さんが写真を表示、選択、編集するために作業台に置いているものです。ディスプレイの品質は、画像の最終的な出来において重要ですが、その品質は大幅に異なる場合があります。概して、私たちは写真を撮影した直後にカメラの画面上で撮ったばかりの写真を確認します。しかし、私たちは依然として撮影した画像をコンピュータにアップロードし、保存したい画像を選択し、大きなディスプレイで編集します。皆さんはこのことについて考えたことがありますか? この種のディスプレイでレタッチされた画像の露出と色が期待どおりに反映されるでしょうか? 彼らは普通、確認しません。これは、ほとんどの写真愛好家が軽視する側面です。実際にディスプレイの仕様や色の精度について、どのくらいの人が考えているでしょう? 答えを推測するのはさして難しいことではありません。

ディスプレイの品質は、予算、価格、外観、またはディスプレイの市場占有度だけではありません。優れた品質のディスプレイを特定するためには、消費者は、関連する仕様、材料、技術について調査を行う必要があります。あなたがハイテクオタクでないならば心配は無用です。良いディスプレイを見つけることは想像するほど困難ではありません。以下のガイドラインを覚えておけば、ニーズに合ったディスプレイを問題なく見つけることができます。

電子商取引プラットフォームをオンラインで閲覧したり、エレクトロニクスの小売店を訪れると、最初にサイズの異なるディスプレイに気づくはずです。23、24、27、28、29インチといった数字があなたの気を引くために叫んでいるかのよう。しかし、これらの数字は何を意味しているのでしょう? ディスプレイサイズとはディスプレイの寸法を表し、通常はインチで測定されます。ディスプレイのサイズは、その表示領域の対角長であり、センチメートルからインチ(2.54cm = 1インチ)に変換されます。大型のワイドフォーマットディスプレイは、現在の市場で主流を占めています(たとえば、27インチのディスプレイ、16:9)。大画面である以外にも、大型のワイドフォーマットディスプレイは細部まで表示し、写真を定期的に編集するフォトグラファーにとって、これは特に重要です。さらに、これらのディスプレイは、Photoshop、Lightroom、VEGAS、iMovieなどの編集ソフトウェアを使用するとき、同時に、より多くのウィンドウやツールバーを表示できます。したがって、作業効率を向上させることができます。

ディスプレイのサイズを測定するには、表示領域の対角線長をインチに変換するだけです。画像処理向けに現在の市場で主流となっているディスプレイは、圧倒的に27インチで、アスペクト比が16:9のディスプレイです。

解像度は、ディスプレイを選ぶときにフォトグラファーがよく誤解するもう一つの要因です。ディスプレイの解像度とは、表示できるピクセル数を指します。ディスプレイ上に表示されるあらゆる画像や写真、テキストは、密集したピクセルで構成されています。同じサイズの異なるディスプレイの場合、解像度が高いほど(ピクセル数が多いほど)、より詳細でリアルな画像を表示し、より多くのコンテンツを提供することができます。

解像度とは、ディスプレイに含まれる「ピクセル」の数を指します。4K表示とは、長さが3840ピクセル、幅が2160ピクセルで、フルHDの4倍のディテールを表示できることを意味します。

ディスプレイのサイズと解像度は全く異なる2つの要素です。前者はディスプレイの寸法を指し、後者は何ピクセルが表示されるかを意味しています。ディスプレイが大きければ大きいほど解像度も高いというのはありがちな誤解ですが、残念ながらこれは正しくありません。フルHD解像度(1920×1080)の25インチディスプレイと4K解像度(3840×2160)の23インチディスプレイを比較するとしましょう。解像度4Kの23インチディスプレイ(23インチディスプレイには800万画素が表示されます)の方が断然、より細部まで表示できます。サイズ的には25インチのディスプレイの方が大きいですが、解像度は低くなります(25インチディスプレイではわずか200万画素しか表示されません)。これは、表示された画像がピクセル化されることを意味します。したがって、大きなディスプレイはまた、視覚効果と画像品質の両方を満足させるためにより高い解像度を必要とします。

ピクセル/インチ(PPI)、またはピクセル密度は、面積1平方インチに含まれるピクセル数を表します。

例えばこんな経験はありませんか? ディスプレイ上で写真を見ながら、友人またはクライアントと議論しています。ところが、角度によって色が違って見えることに気付きました。この現象は、狭い視野角が原因で起こります。画像処理に使用されるディスプレイの大半では、IPSパネルが採用されています。主な製品で使用されるTNパネルやVAパネルを使用したディスプレイと比較すると、IPSパネルの最大の利点は、異なる視野角からでも色が変化しない178°の視野角です。さらに、IPSパネルは優れた色範囲と精度を提供します。写真愛好家や画像処理のプロの視点から見ると、IPSパネルを使用したディスプレイが適切な選択と言えます。

TNパネルの最大の欠点は、狭い視野角に伴う色かぶり現象です。フォトグラファーの作業には適していません。IPSパネルはワイドな178°の視野角と高い色精度を備え、多くのプロフォトグラファーにとって第一の選択肢となります。

通常、AdobeRGBとsRGBを切り替えるためのオプションがカメラメニューにあり、これらは色空間と呼ばれます。色空間は、表示可能な色の範囲である色域としても知られています。一般的に、AdobeRGBはsRGBに比べて色のスペクトルが広くなっています(35%)。フォトグラファーの視点から見ると、より多くの色を表現できるディスプレイの方が魅力的と言えます。ただし、カメラでAdobeRGBを選択するだけでなく、ディスプレイなどの出力デバイスもAdobeRGBをサポートしている必要があります。AdobeRGBをサポートするディスプレイは、より正確なカラーディテールを提供します。AdobeRGBの色域は、印刷に使用されるCMYKカラースペースをカバーすることができ、ユーザーは実際のプリントアウトなしにディスプレイ上のプリント画像のカラーをプレビューできます。

AdobeRGBはsRGBより広い色域を持ち、sRGBが対応できないCMYK色域の青緑色をカバーします。

ディスプレイはAdobeRGBをサポートしており、自然に色に近いような豊かな色を表示することができます。

色はフォトグラファーにとって重要な意味を持つので、IPS方式ディスプレイを購入すれば安心ですか? 必ずしもそうとは限りません!どのようなディスプレイでも、しばらくの期間使用すると、輝度減衰と変色が起こります。こうした問題を無視すると、画質の低下につながるだけでなく、ハードコピーの印刷物と比較したときに重大な色のずれが生じることになります。したがって、ユーザーは少なくとも6か月に一度はディスプレイの校正を行うことをお勧めします。色について厳しい基準を設けているフォトグラファーの中には、毎月ディスプレイを校正して、表示される色が常に正確であるようにする人もいます。

キャリブレーションには、ソフトウェア校正とハードウェア校正の2種類があります。グラフィックカードのRGB値の調整に限定されているソフトウェア校正と比較して、ハードウェア校正はディスプレイ内の3D-LUTに直接データを保存することによってディスプレイをキャリブレーションします。ハードウェア校正の利点は、より正確な色を表示し、色の連続性を維持して疑似輪郭を防止するために、ディスプレイ上に最大カラーステップ数を保持することです。

ディスプレイの校正は画像処理作業者にとって極めて重要で、表示される色が常に正確であることを保証する唯一の方法です。

ディスプレイの校正は研究を必要とする分野です。すべての写真愛好家やプロのフォトグラファーが必ずしもそれを詳しく理解しているわけではありません。あなたがディスプレイの校正について何も知らないとしても心配は無用です。画像処理用に設計されたプロ向けディスプレイの中には、出荷前に色校正が行われているものや、色校正レポートが付属しているものもあります。これは色校正について知識の限られたフォトグラファーにとっては大変有用です。さらに、色精度の観点からDelta E≤2のディスプレイを購入することをお勧めします。値が小さいほど色の忠実な再現が必要になります。これは色に非常に敏感なフォトグラファーには重要です。

BenQプロ向けディスプレイは、出荷前に色校正を実施し、色校正レポートとともにリリースされます。

ここまでの内容で、撮影目的に適したディスプレイを選択するための基本的な基準について解説しました。しかし、他にも気をつけておきたいいくつかの追加機能があります。これらの機能は、あなたの仕事にさらなる価値をもたらします。

1. 日除けフード:

ディスプレイが光源の直下に置かれているときや、太陽がディスプレイに直接当たっているときに、画像を正しく見ることができずイライラすることはありませんか? このような場合はシェーディングフードが役に立ちます。レンズフードのように、ディスプレイの日除けフードは散乱した周辺光をブロックして、ディスプレイに表示される画像に影響する周辺光を抑え、一貫した明るさと色を確保したりします。

日除けフードは、散乱した周囲光をブロックして、ディスプレイ上に表示される画像に影響を与えないようにします。

2. 調整可能な高さとピボット:

編集時に詳細を確認するために画像を拡大する必要があるフォトグラファーにとっては、高さ、スイベル、ピボットへの迅速な調整が必要なディスプレイが重要です。たとえば、複数の人々が同時に1つのディスプレイ上の画像を見る場合、高さとスイベルをすばやく調整できる機能をもつディスプレイを使用すると、短時間に最適なディスプレイ位置を調整するのに役立ちます。フォトグラファーはピボット調整機能により、ポートレート写真を編集するときに画面全体を利用して、ディスプレイを垂直位置にすばやく調整することができます。

肖像写真を編集するときに画面全体の領域を利用する高さ、スイベル、ピボットへの迅速な調整が可能なディスプレイ。

3. 色域間の多彩な切り替え

前述のように、AdobeRGBとsRGBは、フォトグラファーにとって最も一般的に使用される2つの色域です。一般的にAdobeRGBが推奨されますが、レタッチ画像がオンラインでのみ掲載される場合には、sRGBがよく使用されます。異なるフォトグラファーが撮影した2つの画像を処理する必要があり、それらが異なる色域である場合、異なる色域間で切り替えることができるディスプレイにより、ユーザーはすぐにプレビューして比較することができます。これは後でワークフローに役立ちます。

2つの色域モデルで画像を表示できるため、フォトグラファー向けのディスプレイ。

4. ホットキーパック:

前述のすべての機能を装備するのに加え、ユーザーがパラメータの急な変更を可能にするホットキーを備えた優れたプロフェッショナルディスプレイは大きなプラスです。時間はフォトグラファーの最大の資産です。したがって、ディスプレイの設定をすばやく調整したり、モードを切り替える手段があれば、確実にフォトグラファーの作業効率が向上します。

ディスプレイにはホットキーパックが装備されており、編集を容易にし、生産性を向上させます。

上記のヒントは、写真愛好家やプロカメラマンのアドバイス、ワークフローに適したディスプレイを選択する方法についての基本を解説しています。この時点で、ディスプレイを選択する際に消費者が考慮すべき多くの要素があることは明らかです。それは「悪魔は細部に宿る」という格言そのままです。これらのノウハウはどれも深遠で複雑なものではありませんが、それを理解してディスプレイをアップグレードすることは、仕事の効率を2倍にします。

TOP