このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
ニュース

BenQ 4Kホームプロジェクター 日本、アジア太平洋、中東、アフリカで販売台数No.1

~ 2020年第1四半期において、日本国内のマーケットシェアは55.7%達成 ~

06-19-2020

ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都港区 以下: BenQ )は、アジア太平洋、中東、アフリカの 4K ホームプロジェクターの販売台数シェアで、2019 年に続き、2020 年第 1 四半期においても No.1 を獲得し、日本におけるBenQ 4K プロジェクターのマーケットシェアでは、No.1(55.7%)*¹ を達成しましたことを発表します。また、オーストラリア、インド、サウジアラビア、アラブ首長国連邦においても No.1 にランクされるなど、BenQ は DLP プロジェクターの世界的なブランド*²として、成長し続けています。

昨今の情勢により、人々のライフスタイルが変化し、より多くの時間を自宅で過ごすことが増えている中、大画面で迫力のある高画質な映像視聴へのニーズが高まっています。BenQ の 4K ホームプロジェクターは、BenQ 独自のCinematic Color™ 技術と RGBRGB カラーホイールの採用により、最適な色再現と鮮明なビジュアルを実現しました。

また、独自の HDR-PRO テクノロジー技術により、暗い映像でも理想的な高コントラストを維持し、クリアで鮮明な映像を投影します。HDR10 およびHLG 搭載で究極の映像美を提供し、映画やスポーツなど、自宅でもさまざまな動画鑑賞を、快適にお楽しみいただけます。 

今後もBenQ は、4K ホームプロジェクターにとどまらず、レーザープロジェクターやモバイルプロジェクター分野においてもお客様のニーズにお応えできるように、特長ある製品を開発、お届けしてまいります。

 

 

 

【 BenQ DLPプロジェクターの特長 】

プロジェクターには、CRT(ブラウン管)、LCD(透過型液晶方式)、DLP(反射型液晶方式)の3タイプがあります。BenQのプロジェクターはDLP方式を採用することで、劣化や埃によるダメージを防ぎ、鮮明な画像表示を長期間維持することができます。BenQ DLP プロジェクターはフィルタなしの防塵設計、色劣化なし、優れた耐熱性、DLP チップの究極の耐久性を備え、ランプ交換しても劣ることなく、高品質を保つことができ、長くご愛用いただけるプロジェクターとして、多くの方にご支持をいただいております。

* FutureSource 2020レポートの市場シェアデータソース

・FutureSourceとは:家電・端末・デジタルイメージ・メディア・プロIT&ディスプレイ等の各分野において優れたデータ分析能力を誇る英国の調査・コンサルティング会社です。

調査対象一覧:オーストラリア、バングラデシュ、中国、エジプト、香港、インド、インドネシア、イスラエル、日本、韓国、マグレブ、マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、中東その他、CIS、サウジアラビア、シンガポール、アフリカ、台湾、タイ、トルコ、UAE、ベトナム

 

 

 

 

 

 

 

ベンキュー ジャパン株式会社 ウェブサイト : https://www.benq.com/ja-jp/index.html

TOP