Configure cookie notice

ニュース

世界初* 超短焦点型DLPフルHDホームプロジェクター「W1080ST」とレンズシフト機能搭載のフルHDプロジェクターW1070を新発表
~HDMIv1.4a対応でフル3D対応、SmartEcoで長寿命ランプなど豊富な機能を搭載~

世界初* 超短焦点型DLPフルHDホームプロジェクター「W1080ST」とレンズシフト機能搭載のフルHDプロジェクターW1070を新発表
~HDMIv1.4a対応でフル3D対応、SmartEcoで長寿命ランプなど豊富な機能を搭載~

02-28-2013
ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都文京区本郷3-3-11 代表執行役社長:沢尾貴志、以下BenQ)は、ホームプロジェクターの新製品として、世界初*となる超短焦点型DLPフルHDホームプロジェクターW1080STと、レンズシフト機能を搭載したW1070を新発表いたします。(*2013年3月 BenQ調べ)
近年、デジタルビデオカメラやデジタルカメラなどで手軽にフルハイビジョンの映像を撮ることができたり、ゲーム機やBlu-rayなどフルハイビジョンを楽しめる環境が急速に進んできておりますが、今までプロジェクターでフルハイビジョンを楽しむためには、長い投写距離が必要だったため、設置スペースが限られて大きなリビングなどでしか楽しむことができませんでした。
W1080STは、1mの距離で65.7インチの大画面投写を実現し、小さな部屋でも迫力のあるフルハイビジョン映像を楽しんでいただくことが出来ます。W1070は、フルハイビジョンの大画面映像を、より多くの方に楽しんでいただけるように、市場想定売価99,800円のハイコストパフォーマンスを実現したプロジェクターとなります。また、フィールドシーケンシャル、フレームパッキング、トップ&ボトム、サイドバイサイドの3Dフォーマットに対応し、様々な機器で3D映像をお楽しみいただけます。その他、高輝度2000ルーメンと高コントラスト比10000:1を達成、入力端子には汎用性の高いHDMI端子を2系統、コンポーネント端子、コンポジット・ビデオ端子やアナログRGB(ミニD-sub15ピン) 端子などを搭載し、豊富な入力端子を備えるほか、機能面では、10Wx1のスピーカー搭載など、多数の機能を搭載しております。


製品型番:W1070
発売日:2013年3月8日
希望小売価格:オープン価格
製品情報:https://www.benq.co.jp/product/projector/w1070

製品型番:W1080ST
発売日:2013年5月下旬
希望小売価格:オープン価格
製品情報:https://www.benq.co.jp/product/projector/w1080st

「W1080ST」の主な特長

世界初* フルHD超短焦点プロジェクター
W1080STはフルHDの解像度で、1mの投写距離で約65.7インチの大画面投写を実現した、世界初*のフルHD超短焦点プロジェクターです。デジタルビデオカメラやデジタルカメラで撮ったフルハイビジョンの映像や、ハイビジョン放送、Blu-rayなどの次世代光ディスクの映画、フルハイビジョン対応のゲーム機器など、様々な映像コンテンツを、小さな部屋でも省スペースでフルハイビジョンの迫力のまま、大画面投写をお楽しみいただけます。*2013年3月 BenQ調べ

「W1070」の主な特長

レンズシフト機能を搭載
W1070は、レンズシフト機能を搭載。上部のレンズ調節ネジで、本体の設置場所を動かさずに画面の位置を上下110%~130%、±5%移動させることが可能です。※レンズ調整にはマイナスドライバー等の工具が必要となります。

「W1080ST/W1070」の主な特長

フルHD1080pの高解像度で2000ルーメンの高輝度
W1080ST/W1070は、フルHD(1920x1080)の高解像度で、高輝度2000ルーメンの明るさと、高コントラスト比10000:1を実現しています。フルハイビジョンの映像を、お部屋の電気をつけたままでも、きめ細やかで細部まで美しい映像をお楽しみいただけ、10000:1の高コントラスト比で、映画など暗いシーンが多い映像でも、階調をつぶすことなく黒色を美しく表現し、映像の世界観をしっかりと映し出すことが出来ます。

フル3D対応
オプションの3D専用メガネ(型番名:3DGS-02)を使用して、3D映像をお楽しみいただくことができます。3D映像を視聴するためには、3D放送もしくは3Dに対応したコンテンツ(ソフト)と3Dに対応した機器(再生機)が必要となります。3D方式は、フィールドシーケンシャル、フレームパッキング、トップ&ボトム、サイドバイサイドフォーマットに対応しております。(対応3D信号につきましては、Webをご参照下さい) 注1)なお、3Dの見え方には個人差があります。また、視聴中に疲労感、不快感など異常を感じた場合は、すぐに使用を中止して下さい。※3D専用メガネは別売りとなります。

nVIDIA 3DTV PLAY
nVIDIA社の3DTV PLAYに対応しています。3DTV PLAYは、インターネットやゲームなどパソコン向けの3Dコンテンツを3Dテレビで見るためのシステムです。※システム要件は、nVIDIA社のホームページにてご確認下さい。

ISF(Imaging Science Foundation)認定を取得
W1080ST/W1070は世界で著名な映像の品質基準であるISF認定を取得。ISF認定を受けた映像調整エンジニアによるカラーキャリブレーション調整を行うことが可能です。※「ISF Calibration」メニューはパスワードにより保護されており、認定されたISFキャリブレーターしかアクセスすることができません。ISF認定を受けた技術者により設定と調整を行なうよう推奨します。

中間色の輝度を向上するBrilliantColor(TM)を搭載
テキサス・インスツルメンツ社の色彩深度を向上させる技術BrilliantColor(TM)を採用し、自然の風景などに多い中間色の再現性を高めました。さまざまなソースの画像をよりくっきりと、より鮮やかに、より滑らかに映し出します。

HDMI(v1.4a)端子を2系統搭載
SmartEco機能搭載で最大ランプ寿命が約6000時間

TOP