このサイトはCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けることによって、お客様はCookieの使用に同意するものとみなされます。また、ユーザー設定を管理することもできます。
さらに詳しくご覧ください
ニュース

充実した基本性能を備えながら、WXGA++の高解像度と20型のコンパクトサイズを実現した20型ワイドLED液晶ディスプレイ「GL2055」を新発売

充実した基本性能を備えながら、WXGA++の高解像度と20型のコンパクトサイズを実現した20型ワイドLED液晶ディスプレイ「GL2055」を新発売

12-10-2012
ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都文京区、代表執行役社長:マーティン・モーレ、以下:BenQ)は、LED液晶ディスプレイ GLシリーズの新製品として、20型ワイドLED液晶ディスプレイ「GL2055」を発表いたします。「GL2055」は、アスペクト比16:9のパネルを採用し、20型というコンパクトなサイズながら、1600x900(WXGA++)の高解像度を実現したワイド液晶ディスプレイです。コンパクトなサイズにより、設置スペースが限られているオフィスなどでもご使用いただけ、作業効率のアップに貢献いたします。また、アナログRGB、デジタルDVI-D 2系統の入力端子の装備、5msの応答速度、Senseye3など高機能を搭載。LEDバックライトを採用することにより、15W(Ecoモード時)の低消費電力を実現し、高いコストパフォーマンスを備えたモデルです。

製品型番:GL2055
発売日:2012年12月21日
希望小売価格:オープン
製品情報:https://www.benq.co.jp/product/monitor/gl2055


GL2055の主な特長


LEDバックライトを採用した20型ワイド液晶ディスプレイ
LEDバックライトを採用した20型ワイドの液晶ディスプレイです。LEDバックライトにより、わずか15W(Ecoモード時)の低消費電力を実現いたしました。また、水銀の不使用により環境にも配慮されたディスプレイとなります。

アスペクト比16:9 1600x900(WXGA++)の高解像度
GL2055は、アスペクト比16:9、解像度1600x900(WXGA++)のパネルを採用した液晶ディスプレイです。20型というコンパクトなサイズながら高解像度を実現し、設置スペースが限られているオフィなどでの作業効率のアップに貢献いたします。

高度画像補正技術「Senseye3」搭載
Senseye(センスアイ)は、「コントラスト強化」、「カラーマネジメント」、「シャープネス強化」の3つの高度な画像補正エンジンで構成された、BenQの独自開発による補正技術です。新開発された「Senseye3」では、6種類のアプリケーションモード(スタンダード、ムービー、フォト、sRGB、Game、Eco)を搭載しております。Ecoモードでは、輝度を抑え、約30%の消費電力を抑えることが出来ます。計6種類のアプリケーションモードの設定が可能となり、さまざまなソースの画像をよりくっきりと、より鮮やかに、より滑らかに映し出します。手動での調整を全く必要としない、人の視覚に迫る画質がお楽しみいただけます。

5msの高速応答速度
5msという高速応答速度で、DVDやストリーミング・ビデオでもゴーストの発生を防ぎ、安定した映像がお楽しみいただけます。インターネット経由でビデオを鑑賞するユーザーにも向いています。

DCR(Dynamic Contrast Ratio)搭載でコントラスト比1200万:1を実現
DCR(Dynamic Contrast Ratio)は、映像ソースにあわせて自動的にバックライトを調節し、コントラストを最適のレベルに調整する技術です。LEDバックライトにより、1200万:1の超ハイコントラストを実現し、明暗がはっきりしない映像でも、メリハリのある映像美をお楽しみいただくことができます。

D-sub, DVI-Dの入力端子を装備
D-sub端子に加え、DVI-D端子を装備。劣化の少ないデジタル画像を再現できます。
※DVI-D端子は、HDCPをサポート
TOP