このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

色管理が必要な人はだれか?

2018/03/15

グラフィックデザイナー、マルチメディアデザイナー、ウェブデザイナー、コンピュータソフトウェアを使用してビジュアルコンセプトを制作する他のクリエイティブプロフェッショナルなどのデザイナーは、色管理を必要とします。色管理は、これらのクリエイティブプロフェッショナルが自分のアイデアをより効果的に、伝えるのに役立ちます。適切に行われれば、ワークフロー内の各デバイスが一貫した色を再現します。

デジタルカメラやビデオカメラを使用して現実を捉え、記録するフォトグラファーやビデオカメラマンなどのドキュメンタリーの専門家。色管理を行うことで、ドキュメンタリーの専門家は、スクリーン上に表示される色を信頼し、画面上で再生される画像またはビデオの映像が、作者の本来の意図または現実のものを正確に反映していることを知ることができます。

写真、ビデオ、図面などのグラフィックスを編集するためにコンピュータソフトウェアを使用するポストプロダクションエディタは、色管理が必要です。色管理では、画像やビデオの詳細を細かく調整する作業を担当する専門家に、正確な色調整を提供し、こうした専門家たちは色の問題のない最終製品をスムーズに作成できるようになります。

正確な色を必要とする画像のハードコピーを印刷する商業印刷センターでは、色管理を必要とします。商業印刷センターでは色管理により、画面に表示された色を正確に反映した高品質のカラープリントを顧客に提供することができます。色管理は、色が一致していなかったために、無駄な再印刷にかかるコストを節約するのに役立ちます。

TOP