Configure cookie notice

BenQナレッジセンター | 知識ページ
制作者の意図した色を再現するBenQ CinematicColor

BenQ
2018/06/30
真の色彩だけが表現できる深い感動

オリジナル画像を保存することによって、悲しみ、喜び、ロマンス、スリルなど、真の色彩が本物の感動を呼び起こします。BenQ ホームシネマ・プロジェクターは、「真の色彩を伝え、視聴者に最も深い感情を与える」という私たちの信念を具現化しています。当社のTHXおよびISFデュアル認定エンジニアは、完璧な色の一貫性のために100%Rec. 709色域を提供します。当社のトッププロジェクターはDCI-P3広色域を実現し、BenQのみがキャリブレーションレポートを提供し、ハリウッド映画の本物のカラーを再現するためにDelta E* 性能が3未満であることを証明しています。

BenQ プロジェクター

その他

Delta E:色差

Delta Eは、L * a * b *座標に基づいて、基準色とこれに一致させようとするプロジェクターの実際の色との差を計算し定量化します。「感覚の違い」を表すと、1.0のDelta E値が人間の目で知覚可能な最小の色差であり、1.0未満のDelta E値は知覚できません。

色精度とは何ですか?

色の知覚は主観的です - ある人には赤く見えても、別の人にはピンクに見えることがあります。Rec. 709カラースタンダードはITU(国際電気通信連合)がTV、映画、A/V業界向けに作成したもので、ディスプレイ、DVD、Blu-rayなどのすべてのHD機器が同じ色域、解像度、フレームレート、ビデオ仕様を使用することを保証します。

Rec.709色空間

Rec. 709は、白色点に特定の赤色、緑色、青色とイルミナントD65(6500k)を使用して、標準化された色空間を構築し、正確な色域とグレースケールを再現します。

DCI-P3色空間

DCI-P3は、アメリカの映画業界のデジタルムービー投影用の一般的なRGB色空間です。多くの場合、「広色域」と呼ばれるDCI-P3の範囲は、sRGB / Rec.709よりも26%広くなっています。DCI-P3は、テレビシステムやホームシネマでは、より広範なRec. 2020に向けたステップとして採用することが期待されています。

D65:標準昼光イルミナント

その白色点としてRec. 709によって使用される場合、イルミナントD65は、約6500Kの相関色温度で平均昼光を表すために国際照明委員会(CIE)によって定義される一般的な基準です。

100%Rec.709の色は
光源に起因
波形解析による先駆的な光源技術

感覚はリアリティから生み出されます。CinematicColor™テクノロジーは、イメージングに関連するハードウェアの細目をスキップすることなく、純粋な色の再現を可能にします。BenQ R&Dは、厳密な波形解析による新しい先駆的な光源技術を使用することによって、投影された光の色温度がRec. 709色域の最終的な色を正確に再現します。

オリジナル処理

Rec.709 HDTV 規格で 709モード処理

高輝度モード処理

BenQオプトメカニカル構造によるゼロライトオーバーフロー

光によって美しい画像が形成されますが、色が損なわれることもあります。精緻な光制御のために、BenQ R&Dは影光のオーバーフローを排除し、より優れたANSIコントラストと深層の3D画像を実現しました。光源からのすべての光がDMDチップとプロジェクションレンズに届くように、当社のオプトメカニカル構造は、特別な耐熱マットペイントと入念にポリッシングされたレンズを使用してRec.709色域要件を満足します。

ハイコントラストの神話

投影された映像を見るとき、コントラストの知覚は、一連の単一フレームによって生成される効果です。ANSIイントラ画像コントラストは、共通FOFOコントラスト比ではなく、一連の画像のコントラストをより効果的に評価します。通常の表示では画面がフルカラーからフル白色に変わることがほとんどないため、高ANSIコントラスト比のプロジェクターは、被写界深度および3D効果に優れています。

BenQ DLPプロジェクター

非DLPプロジェクター

ナノメートルレベルの精密PUREカラーコーティングでトゥルーカラーを再現
RGBRGBカラーホイール

すべてのDLPプロジェクター素子のうち、カラーホイールは色に最も大きな影響を与えます。色の正確さと明るさの完璧なバランスを実現するには、高精度と厳しい品質管理が必要です。わずかナノメートルの違いでも色のスペクトルには大きな違いが生じるため、BenQ CinematicColor™は厳密なナノメートルレベルのリファレンスを使用して、カラーホイールの角度とコーティングの20以上の組み合わせをテストします。各カラーホイールはRec 709の色域要件を満たし、ハリウッド映画の真の色を再現するために高純度カラーコーティングで慎重に加工されています。

BenQ Rec. 709

その他

シネマプロジェクションは最大限明るくなければなりませんか?

ホームプロジェクションを映画館的レベルに近づけるため、明るさが過度になるとダイナミックコントラスト比を低下させ、暗色と色を低減します。適切な投影輝度は、周囲の照明、投写距離、目の快適さ、ディスプレイの寿命および性能に左右されます。12-22fL(フットランバート)の輝度範囲は、米国映画テレビ技術者協会(SMPTE)によって科学的に導き出され、世界中の劇場で認められている理想的なものです。120インチ1.0ゲインスクリーンを備えた家庭用プロジェクターの場合、最適な明るさは1000〜2000 ANSIルーメンです。

工場出荷時校正レポートを提供するのはBenQだけ

CinematicColor™プロジェクターは一台一台、特別な計測器とソフトウェアを使用して、ITU-R Rec. 709に基づいた異なるインターフェースから正確なD65色温度、ガンマ、ブラックレベル、ホワイトレベル、ニュートラルグレー、RGBCMYカラートラッキング、色相、彩度についてテストされています 個々のCinematicColor™工場出荷時校正レポートのすべてのデータを収集することにより、当社はRec.709規格を超える高い色域とガンマ校正を採用する業界唯一のブランドです。

*工場出荷時校正レポートは、X12000、W8000、W3000を除くCineProおよびCinePrimeシリーズに含まれています。

ソフトウェアの最適化

生産ライン品質管理

比較


*工場出荷時校正レポートは、X12000、W8000、W3000を除くCineProおよびCinePrimeシリーズに含まれています。
**W1090、W1050以外のISFccc®認証。

ホームシネマについてさらに詳しく

TOP