至福のゴルフ体験を自宅で

ゴルフシミュレーター用プロジェクターを導入したお客様の声

ゴルフシュミレータ 自宅

短焦点、優れた補正機能、コストパフォーマンス
ゴルフプロジェクターならBenQの1択です!

今回、我々がシミュレーターを導入した空間は、高さ3メートル、横幅3.2メートルの縦長のスクリーン面に対し、奥行きは5.2メートルでした。決して恵まれたスペースとは言えませんが、従前のプロジェクターで映像の上下が切れていたものをBenQ社LU935STは余裕をもってスクリーン全面に投写することが可能でした。

ゴルフシュミレータ 自宅

シュミレーションゴルフ&パーソナルストレッチの複合施設「golfGT&Relaxsh」

2023年4月、ビジネスの中心街である東京都千代田区にオープンした シュミレーションゴルフ&パーソナルストレッチの複合施設「golfGT&Relaxsh」 に弊社ゴルフ用4KレーザープロジェクターLK936STを導入いただきました。

ゴルフシュミレータ 自宅

試打場の限られた環境下でもリアルなゴルフ体験を【南海ゴルフLABO】

南海ゴルフ株式会社 南海ゴルフLABOでは、 「試打場の限られた環境下でもリアルにゴルフを体験いただくため」 にゴルフシミュレーターSkyTrakとの組み合わせで短焦点レーザープロジェクターの「LH820ST」を採用いただきました。

ゴルフシュミレータ 自宅

完全個室の大型のインパクトスクリーンには短焦点がベストマッチ【みんなでゴルフ丸亀店】

完全個室で会員限定利用可。会員一人に対して同伴完全無料で、名前の通り、「皆さんで楽しんでいただきたい」というコンセプトのもと設計された「みんなでゴルフ」丸亀店では、米Foresight Sports社の高性能ゴルフシミュレーター GC3との組み合わせで、「LK936ST」を採用いただきました。

<海外のお客様の声>

メディア向け製品説明および体験会レポート

シミュレーションゴルフ用プロジェクター メディア向け製品説明および体験会を開催!
アメリカザリガニさん司会進行の元、
日本バーチャルゴルフ協会の理事長柏木氏も登壇!

シミュレーションゴルフ用BenQ レーザープロジェクターが米国で8000台、約30億円の売り上げを記録したことを記念して、メディア向け製品
説明および体験会を 8/2(水)に開催しました。
ゴルフとバーチャルに造形の深い、お笑いコンビ・アメリカザリガニの
柳原哲也さんと平井善之さんが進行を担当し、ベンキューの担当者による製品の詳しい紹介の他、、ツアープロであり、 日本バーチャルゴルフ協会の理事長を務める柏木氏にもご登場いただき、通常のプロジェクターとゴルフ専用のプロジェクターでは実際のプレイにどういった違いが でるのか、柏木プロと柳原さんでシミュレーションゴルフを体験して頂きました。

スクリーンフル画面(全画面)に投写可能!
BenQゴルフプロジェクターの柔軟な設置性

短焦点ズーム機能付きで人影を排除

画期的な0.8の投写比と1.1倍のズーム機能を備え、限られたスペースでも大画面での投写ができます。投写面から4.2~4.5mの投写距離で
一般的シミュレーター画像で必要な映像の高さ3mが実現できます。このため、プロジェクターをヒッティングエリアのすぐ後ろの天井に
配置でき、人影を排除できます。視界の邪魔にならないため、より効率的に練習に励むことができます。

LK936ST Installation Projector for golf simulation with Fixed Short Throw Ratio and Zoom to Prevent Glare and Shadows

一般的なプロジェクター

LK936ST Installation Projector for golf simulation with Fixed Short Throw Ratio and Zoom to Prevent Glare and Shadows

短焦点設計のプロジェクター

水平/垂直方向それぞれの方向に
レンズシフトができて設置が簡単

障害物や設置位置の関係で、プロジェクターを中心からずらして設置しなければならない場合があります。レンズシフト機能を使用して、投写面のサイズに相対して垂直方向に最大60%、水平方向に最大23%シフトし、投写位置を適切に合わせることができます。さらに台形補正も利用することで、歪みとひずみのない完璧な投写映像を実現します。

【対象製品】LK936ST、LU935ST

LK936ST Installation Projector for golf simulation with Large Horizontal and Vertical Lens Shift for Convenient Installation

スクリーン全画面投写を実現する
台形補正機能と角あわせ機能 (コーナーフィット)

プロジェクターを中心からずらして設置する場合に生じる投写面のゆがみを解消するため、垂直軸と水平軸の両方で台形補正機能を備えています。さらに角あわせ機能 (コーナーフィット)ですべての角を個別に調整することが可能で、スクリーンに併せて投写面の形状をぴったり合わせられます。

【対象製品】LK936ST、LU935ST、LH820ST

デジタル縮小 (デジタルシュリンク)

デジタルシュリンク機能では、プロジェクターをスクリーンから通常よりも距離をおいて取り付けた上で、0.5%の単位で映像の縮小を行うことができます。このような機能を活用することで、プレイ中にゴルフクラブがプロジェクターにあたらない位置で設置できるなど、より安全で柔軟な設置を実現します。

【対象製品】LK936ST、LU935ST、LH820ST

360°設置可能であらゆる空間に対応

BenQのレーザー光源技術であれば、あらゆる角度からの安定した投写環境を提供できます。例えば、縦方向に長い長方形の投写であれば、プロジェクターを横向きに配置できたり、床面に対して天井から垂直に吊るし投写を可能にしたりと、ゴルフシーンだけでなく、サイネージ・プロジェクションマッピングといった環境にも柔軟に対応することができます。

【対象製品】LK936ST、LU935ST

LK936ST Installation Projector for golf simulation with 360° and Portrait Projection Accommodate Different Spaces

ゴルフシミュレーター用プロジェクターを
選定する際におさえておきたいポイント5

よりリアルで没入感のある環境構築にはプロジェクターも重要な要素の一つです。
ボールが目の前を飛んでいくリアルな映像をインパクトスクリーンに投写し、
スイングはもちろん、難しいグリーンへのアプローチショットのスキルアップにも繋がります。

理想的なゴルフルームを構築する要素

BenQ Golf simulator brings the course home
自宅でリアルなコースに近い環境でプレイ

1.アスペクト比

まず最初に考えるのは、スクリーンのアスペクト(縦横)比です。自宅にゴルフシミュレーターを設置する場合は、アスペクト比を4:3または1:1に設定するのがヒッティングゾーンとしては最適です。4:3のアスペクト比のプロジェクター、特にXGAでは解像度が低く画像が荒くなりがちですが、4:3モードで表示できる高解像度のプロジェクターを使うことで鮮明な映像を投写することが可能です。16:9および16:10などのワイドスクリーンのアスペクト比のほうがさらにリアルで、離れた位置のグリーン上にあるカップまで鮮明に見えます。ワイドスクリーン向けのプロジェクターであれば、解像度はさらに高まります。

ゴルフシュミレーター向けBenQプロジェクター

アスペクト比 16:9/16:10 を 4:3 で投写

設置の柔軟性が高いゴルフシュミレーター向けBenQ プロジェクター

2.設置位置

・プロジェクターの設置場所としては、ヒッティングエリアのすぐ後ろの上部が最適で、ティーの位置からおおよそ1.2m後ろです。その場所であれば、プロジェクターはスイング軌道から離れた位置で、スクリーンからの距離も十分にあるため、リバウンドしたゴルフボールがプロジェクターに当たることはありません。また人やゴルフクラブが影になることもありません。

・インパクトスクリーンからどれ位プロジェクターを離して設置する必要があるかは、プロジェクターの「投写比」によって決まります。BenQの投写距離シュミレータを使用すれば、簡単にその距離を算出できます。自宅にシミュレーションのセットアップをする場合は、投写比が約1.0以下の短焦点プロジェクターが望ましいです。

注意:スペースのサイズに合わせて、16:9または16:10の映像を4:3のアスペクト比で投写できます。適切な投写比は、投写距離÷投写面の幅で算出できます。

.通常、プロジェクターはインパクトスクリーン前の天井に設置するか、レンズシフトや台形補正などの画像最適化補正ツールを使って、プレイエリアの横に設置するかです。デジタル画像縮小機能を持つプロジェクターであれば、スクリーンからはみ出さないように画像サイズを縮小することができるため、プレイエリアからかなり後方に離れた場所に設置することができます。

ゴルフシュミレーター向けBenQ高輝度プロジェクター

3.輝度 & 色精度

ゴルフシミュレーター向けのプロジェクターには、ホームシアター用のプロジェクターよりもさらに輝度が明るいものが必要です。それはカメラがクラブを捉え、インパクトスクリーンに向かうボールの軌道やスピンを捉えるために室内の明るさを十分に保つ必要があるためです。3,000ANSIルーメンのプロジェクターは小規模なインパクトスクリーン向けのエントリー機として最適です。正方形のインパクトスクリーンの場合は、同じ明るさのスペックであれば4:3の解像度のプロジェクターのほうが、16:9のプロジェクターよりもより明るさをもたらしてくれます。3m幅以上の大規模なスクリーンには、4,000ANSIルーメンか、さらに輝度の高いレーザープロジェクターがおすすめです。明るい部屋で200インチ程度の大きなスクリーンには、5,000ANSIルーメンのレーザープロジェクターが最もよく選ばれています。

注意:
4:3の映像を投写する場合
アスペクト比16:9のプロジェクター: スクリーンの75%を使用し、明るさは25%カットされる
アスペクト比16:10のプロジェクター:スクリーンの83%を使用し、明るさは17%カットされる

加えて色精度もリアルなゴルフ体験に必要な要素の1つです。高い色精度を備えたプロジェクターは、フェアウェイの起伏やバンカーの輪郭までを正確に再現します。多くの高輝度プロジェクター(4,000ANSIルーメン以上)には、色精度が明記されていないため、色域(通常Rec.709)を確認し、そのカバー率が高いプロジェクターを選ぶことで、明るく鮮明な映像を実現できるでしょう。

手間のかからないゴルフシュミレーター向けBenQレーザープロジェクター

4.光源

メンテナンスの手間暇と費用を抑えたい場合は、レーザープロジェクターを選びましょう。ランプ式のプロジェクターの場合、約1,000時間の寿命であるのに比べ、レーザープロジェクターは約20,000時間、1日のプレイ時間を5時間とした場合、約10年間*お使いいただけます。さらにランプ式のプロジェクターと比較し、レーザープロジェクターは起動やシャットダウンも非常に早く、すぐにプレイを開始できます。

* 実際の保証期間を示すものではなく、保証期間は保証規定に準じます。

ゴルフシュミレーター向けBenQ 4Kプロジェクター

5.解像度

高解像度の映像では、バンカーの微妙な輪郭まで見ることができます。
スクリーンが大きくなればなるほど、リアルな映像を映し出すためには解像度がさらに重要になります。通常、小規模なスクリーンではフルHD以下の解像度を使用し、WUXGAは中規模サイズのスクリーンに使われます。4Kプロジェクターであれば、180インチ以上のスクリーン上にも高精細で高画質な没入感のある映像を創り出せます。
4K出力が可能なハイエンドシミュレーターを使う場合には、解像度の要素は特に重要です。

おすすめモデル

BenQ LU935ST (laser projector)
LU935ST (WUXGAレーザープロジェクター)

■ 高輝度 5,500ANSIルーメン

■ ゴルフモードで高い色精度

■ 投写比0.81-0.89の短焦点モデルで
 ヒットゾーン外に設置しても人影の映り込みなし

■ 水平/垂直レンズシフトによりオフセンターマウントが可能

■ 台形補正と角あわせ機能で柔軟な投写調整、360°設置可能

BenQ LK936ST(Laser)
LK936ST (4Kレーザープロジェクター)

■ 高輝度5,100ANSIルーメン

■ 4K UHD解像度

■ ゴルフモードで高い色精度

■ 投写比0.81-0.89の短焦点モデルで、
 ヒットゾーン外に設置しても人影の映り込みなし

■ 水平/垂直レンズシフトによりオフセンターマウントが可能

■ 台形補正と角あわせ機能で柔軟な投写調整、360°設置可能

BenQ LU935ST (laser projector)
LH820ST ( フルHDレーザープロジェクター)

■ 抜群の短焦点設計( 投写比0.497、1.1mで最大100インチを実現する短焦点レンズを採用)

■ スクリーン面から約 4.3m の距離があればシミュレーターの構築が可能で、自宅の個室や、打席数を多く作りたい施設にも最適

■ フルHD解像度、3,600 ANSIルーメン

■ 台形補正と角あわせ機能で柔軟に調整可能

■ 応答速度16.7msの低遅延

■ レーザー光源での20,000時間の駆動が実現可能

BenQ LU935ST (laser projector)
LW650( WXGAレーザープロジェクター)

■WXGA解像度、4, 000ANSIルーメン

■ 汎用性の高いエントリーモデルのレーザープロジェクター

■ 省エネ設計、国内屈指のコンパクト設計(約A4サイズ、約2.9kg)

■ 台形補正と角あわせ機能で柔軟に調整可能

■ レーザー光源での20,000時間の駆動が実現可能

空間とスクリーンに併せた最適なプロジェクター選び

ゴルフシミュレーターに最適なプロジェクターを選択する際、考慮すべきポイントは、設置スペースの大きさ、特にゴルフインパクトスクリーンの形状と部屋の奥行きです。

Authentic Setup for golf simulators

ベーシック(小スペースに簡易設置)

リーズナブルなゴルフシミュレーターは、正方形または4:3のスクリーンを用いたもので、あまりスペースを取らずにお部屋を練習場に変えることができます。より高解像度の16:9や16:10のモデルでも4:3モードで使用できます。

4:3の144~193インチのインパクトスクリーンから、1.8~4m程離れた場所に3,000ANSIルーメンの短焦点(投写比: 0.6~1.1)プロジェクターを設置します。

注意: 投写距離およびスクリーン上の画像サイズは、プロジェクターのモデルによって変わります。ご購入前に各モデルの詳細な仕様をご確認ください。

ゴルフシミュレーターに必要な最小スペース

アドバンス(16:10の大きなスクリーン)

大きなインパクトスクリーンには、リアルな映像を投写できる高解像度で明るいプロジェクターが必要です。解像度はWUXGA以上、かつ4,000ANSIルーメン以上の明るさの短焦点レーザープロジェクターが必要です。最高級のゴルフシミュレーターは、10億色以上の色再現性に対応し、リアルさがポイントです。プロジェクターも同様に、10億色以上に対応するハイエンド機種が最適です。BenQのWUXGAレーザープロジェクターは、草地やバンカーの隅々までをくっきりと鮮明に映し出し、まるで本物のコースにいるかのように感じさせてくれます。従来のプロジェクターは色精度よりも明るさを重視し、インパクトスクリーンに合わせた明るい映像を映し出しますが、一方、リアルさに欠けます。BenQのレーザープロジェクターはRec.709の色域を92%以上カバーし、同クラスの他の高輝度プロジェクターよりも優れた色精度でリアリティの高い映像を再現できます。

16:10の163~218インチのインパクトスクリーンから、2.7~4m程離れた場所にWUXGAの短焦点(投写比: 0.81~0.89)プロジェクターを設置します。

*注意: 投写距離およびスクリーン上の投影サイズは、プロジェクターのモデルによって変わります。ご購入前に各モデルの詳細な仕様をご確認ください。

Room size for an advanced golf simulator room
4K出力

4K出力に対応した最高級のゴルフシミュレーターには、実際にコース上にいるかのように感じるリアリティのある映像を投写できる上位モデルのプロジェクターが望ましいです。4Kプロジェクターであれば、幅5mもある広いインパクトスクリーンにも没入感のある鮮明な映像を映し出せます。BenQの4Kレーザー短焦点プロジェクターであれば、世界の有名なゴルフ場の眺めを、まるでその場にいるかのようにリアリティのある景色として再現できます。

16:9の177~236インチのインパクトスクリーンから3~6m程離れた場所に、投写比が0.8~1.2の4Kプロジェクターを設置します。

*注意: 投写距離およびスクリーン上の投写サイズは、プロジェクターのモデルによって変わります。ご購入前に各モデルの詳細な仕様をご確認ください。

4K ゴルフシミュレーターに必要なスペース
ゴルフプロジェクター無償貸し出しサービス実施中

設置にあたってのご不安を解消するため、ゴルフプロジェクターについては無償貸出しサービスを行っております。
またゴルフプロジェクターの専任担当による製品選定のアドバイスなども行っておりますので、ぜひお気軽にご利用、お問い合わせください。

kasi

*製品ご返却の際の返送送料のみお客様ご負担

  • このページに掲載されている情報は分かりやすいですか?

    とても分かりにくい
    とても分かりやすい
  • 評価された理由やお探しの情報についてコメント欄にご記入ください。


ありがとうございました。