This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies, you can also manage preferences.

学びを妨げている環境とは

  • BenQ
  • 2021-08-26

質の悪い空気や細菌、液晶画面から発生するブルーライトは、健全な教室環境にとって静かなる敵です。このようなリスクが蔓延すると、学習効率や学校の欠席に影響を及ぼします。COVID-19以降も、学習効果に影響を与えずに衛生的な教室を維持することは、優先事項です。細菌や屋内の質の悪い空気やブルーライトが学習環境にいかに影響を与えるかについて、より詳しく見てみましょう。

学校内で主に菌が蓄積する場所を知っていましたか?
細菌は学校を欠席する一因

今日の学習環境では、生徒は指を使って電子黒板を使い、協力して班でのグループ活動、同じディスプレイに並んで問題を解いています。The Active Timesの最近の記事では、次のような場所にいかに細菌が蓄積されているかを強調しています:

● 生徒の手
● 蛇口
● 教室のコンピュータのキーボードおよび机
● トイレのドアノブ
●  学生食堂のテーブルおよびトレイ

呼吸器系疾患(風邪やインフルエンザ)や胃腸の疾患(ノロウイルスやロタウイルス)は、接触で簡単に感染し、学校を欠席する重大な原因となります。米国では、平均で生徒は1年に4.1日の欠席、一般的な教師は5.3日欠勤しています。これは、1年で107の損失にのぼります。そこで、インタラクティブでありながら衛生的な学習環境を提供することが極めて重要なのです。

屋内の質の悪い空気は生徒の集中力に影響を与えます

アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)の研究によると、屋内の汚染物質レベルは屋外のレベルと比べて100倍以上高い可能性があります。 特に、学校での換気は不十分です。教室内での二酸化炭素の増加は、不快感を引き起こし、集中力の欠落につながりかねません。さらに、屋内の質の悪い空気によって咳や目の炎症、アレルギーや喘息、頭痛をも引き起こすことがあります。教師は、教室の現在の室内環境に気を配り、適切な措置をとる必要があります。

品質の悪い空気が右記のような症状を引き起こしているのを知っていましたか?
視力障害が学習効果のさらなる低下を引き起こします

WHOの統計によると、世界中で視覚障害をもつ人は少なくとも22億人です。目の障害の多くは若いころから始まり、ディスプレイのブルーライトやちらつきに常に目がさらされていることによるものだと考えられています。ブルーライトは、青や紫の波長を含む強力な可視光線です。 紫の短波は角膜とレンズを通り抜け、黄斑に直接入り込んで光受容細胞にダメージを与えます。

一般的に、画面のちらつきは1秒に最大250回起きていますが、肉眼では見えません。1日に通常8時間(作業)画面を見つめる間に、このちらつきは約576万回起きています。教室にデジタル技術を採用することが増え、コンピュータビジョン症候群(CVS)としても知られているデジタル眼精疲労は、生徒の目の健康にとって大きなリスクとなっています。

ClassroomCareは、学習効果を高めたい学校にとっては必須です

教室での健康関連のリスクの数を減らすと、生産性に驚くべき効果が生まれます。欠席の減少と高い集中レベル、目に優しい画面の間で、独自のClassroomCare技術を備えたBenQのブレンディッド・ラーニング・ソリューションは、学校の学習環境の水準を引き上げます。