This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies, you can also manage preferences.

Woodmansterne Schoolがコラボレーションを学習の中心に

  • BenQ
  • 2019-10-08
Woodmansterne Schoolがコラボレーションを学習の中心に
概要
課題

Woodmansterne Schoolは、イギリスのロンドンにあるコミュニティスクールです。小さいながらも評判の高い小学校としてスタートした同校はその後、中等教育までその範囲を拡張しました。生徒に最高の教育を提供するという使命を追求するため、同校では、誠実さ、協力、野心、尊敬、団結、責任という6つのコアバリューに誇りを持ち、忠実に守っています。

2019年に2つ目の施設を完成させた同校は、レガシーシステムと統合することなく校内の各教室を網羅する、統一型かつ双方向型の教育ソリューションを作り上げることが課題となっていました。同校は互換性に関する懸念を除外し、最高の学習環境を作り出すソリューションという一点に注目しました。

要約

導入時期

2019年

 

導入したBenQ ソリューション

  • BenQ RP7501K 75インチ 教育用インタラクティブ・フラットパネル(電子黒板)

 

セグメント

教育

 

プロジェクト

新しい最先端の中学校による、一元型の使いやすい双方向型教育ソリューションの導入

ソリューション

新しい建物に最適なソリューションを見出すため、同校は市場にある選択肢を徹底的に調査しました。そして当初から、BenQは抜きん出ていたベンダーでした。学校職員がより多くの情報を得た上で選択できるよう、BenQはテスト用にRP7501K教育用インタラクティブ・フラットパネル(電子黒板)を貸し出しました。優れた画質と教室向けの安定した機能を搭載したこのパネルは、これを試用した教師たちが返却することを考えられなくなるくらい、非常に気に入られました。

BenQ教育用インタラクティブ・フラットパネル(電子黒板)の最大のセールスポイントは、アカウント管理システム(AMS)です。AMSを利用すると、教師は授業計画や資料の作成、それらのクラウドへの保存、互換性のあるディスプレイからの利用などを、ノートパソコンやパソコンを使わずに行えます。さらに、覚えなくてはいけないパスワードは存在しません。つまり、教師は個人用のNFCカードをスワイプすることでディスプレイにログインし、すぐに教材を利用することができるのです。

校内全体にBenQ RP7501K 教育用インタラクティブ・フラットパネル(電子黒板)を設置したため、教師が教室間を移動するのも簡単になりました。AMSは教師にこれまでにないレベルの快適性を提供し、教師がどの教室からでもテクノロジーをすぐに自信を持って使えるようにします。

テスト用にパネルを貸し出したことに加え、教師や職員が新しい電子黒板に慣れ、教室向けのあらゆる機能の使い方を理解できるよう、BenQは複数回にわたるオンサイトのトレーニングセッションも提供しました。

結果

同校の職員、教師、生徒は皆、BenQのインタラクティブ・フラットパネル(電子黒板)に切り替えることに対して非常に積極的でした。教師が気に入っているのはどの部屋からでも教材に簡単にアクセスできる点で、タイマーやランダム番号の生成など、よく考えられている教室向けの機能にも満足しています。生徒向けには、75インチの画面は文章や画像をよりはっきりと鮮明に拡大し、20ポイントのマルチタッチ機能を使えば複数の生徒が同時にパネルを操作することができます。

BenQが同校にトレーニングやサービスを提供したことで、多くの職員が「スーパーユーザー」になったと同時に、IT管理者はシステムに関する豊富な知識を得て、メンテナンスやサービスでBenQに問い合わせるようになりました。

エンドユーザーの声

「トレーニングで当校が受けたサポートも非常に良かったと言えますので、絶対にBenQをおすすめします。」―Woodmansterne理事長兼校長 サム・ペイリン氏

「単なる電子黒板としてだけではなく、潜在的な機能を教師がフル活用している様子を見ると、実に励まされます」―ネットワークマネージャー ジョン・ポーター氏

「BenQボードの利用には非常に満足しています。コラボレーション性、EZWrite、InstaShareといったさまざまな機能が多数あるのです。」―教師 シエラ・マンサレイ氏