This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies, you can also manage preferences.

東京コミュニティスクール

  • BenQ
  • 2017-11-08
概要
問題

東京コミュニティスクールでは、スタッフは教室に技術の導入が必要であることを知っていました。それにより、生徒の学習体験が向上するだけでなく、授業も容易になります。残念ながら、スタッフがデモで使用したインタラクティブ・ホワイトボードには満足できず、多くの要望が残りました。さらに、ほとんどの機能が Apple の製品ラインと互換性がありませんでした。スタッフと生徒の両方が Apple 製品のみを使用していたために、それが問題になりました。

ソリューション

東京コミュニティスクールに適した技術を確実に提供するために、BenQ はインタラクティブ・プロジェクターのデモンストレーションを実施しました。超短焦点レンズを使用すると、狭い部屋で大きく鮮明でクリアな画像を投影できます。学校が以前に使用していたインタラクティブ・ホワイトボードとは異なり、インタラクティブ・プロジェクターは使いやすく、1 秒間ですばやくキャリブレーションできます。標準のインタラクティブ・ホワイトボードのキャリブレーションよりかなり高速で簡単です。

結果

東京コミュニティスクールは、MW853UST プロジェクターと 2 本のペンが付属する PW01U PointWrite™ モジュールを選択しました。教師は、これらのアイテムを使用して、技術で可能になると想像していたすべてのことを実現できました。さらに重要なことは、生徒がこの新しい設備を気に入ったことです。

要約

セグメント

教育

 

完了年

2014 年

 

プロジェクト

インタラクティブ・プロジェクターソリューションを学校に導入して、生徒を支援し、楽しい学習環境を構築します。

 

使用した BenQ ソリューション

PointWrite™ ソリューションパッケージ:

  • MW853UST インタラクティブプロジェクター
  • PW01U PointWrite™
課題

東京コミュニティスクールは、2004 年に開校しました。日本中の多くの学校とは異なり、東京コミュニティスクールは、「研究ベースの学習」を生徒に教えることを重視しています。他の学校では、暗記する必要がある情報を何時間もかけて生徒に練習させますが、東京コミュニティスクールは、生徒が自分で考えることを目指しています。

この教育的価値を完全に実現するために、学校は生徒に力を与える技術を必要としていました。東京コミュニティスクールは、インタラクティブ・ホワイトボードを検討しましたが、デモを実施したホワイトボードでは満足しませんでした。それらは、実用的ではなく、使いにくいということがわかりました。たとえば、東京コミュニティスクールの校長の市川力氏は、他のボードが使用するスマートペンが好きではありませんでした。ペンの重さとバッテリー寿命の短さに不満を持っていました。市川氏は、ほとんどの場合、手書きの速度に追従できないため、文章の表示が遅れるか、場合によっては、完全に消えることもあると語りました。市川氏は、作業を妨害せずに、むしろ向上するような教室ソリューションを求めていました。

ソリューション

MW853UST プロジェクターのハイライトは、超短焦点 0.35 レンズです。80 インチの画像を壁面に投影するために必要な距離は 0.28 メートルにすぎません。この最先端技術により、MW853UST は非常に狭小な部屋にも最適です。BenQ が東京コミュニティスクールでデモを実施すると、スタッフおよび特に校長の市川氏が、探していたソリューションがやっと見つかったことを即座に理解しました。市川氏は書く速度が速いため、その速度に追従できるペンを求めていました。そして、PointWrite™ モジュールと PW01U に付属するペンに出会いました。このペンは軽量で、市川氏の手書きメモをリアルタイムで表示でき、バッテリーが非常に長持ちします。一度充電すると、1 週間毎日複数のクラスで授業できます。

東京コミュニティスクールにとって生徒は重要であり、個々の生徒の重要性を示す最良の方法は、生徒の発言を教室の他の生徒に見せることです。MW853UST を使用すると、教師は生徒の発言をすばやく書き出して壁面に表示できます。そのデータは、生徒が今後の使用のためにいつでも見直すことができるように保存できます。この優れたソフトウェアソリューションは、ノートを取る時間を短縮します。これにより、授業の全体的な休止時間を減らすだけでなく、学習体験も高めることができます。

結果

東京コミュニティスクールは、BenQ がデモを終えた瞬間に、MW853UST と PointWrite™ モジュールが最適な教室ソリューションであることがわかりました。インタラクティブ・プロジェクターは、インタラクティブ・ホワイトボードよりコスト効率に優れています。学校によれば、以前に検討したインタラクティブホワイトボードはかなり高価な製品だったということです。さらに、3200 ANSI ルーメンのプロジェクターは、多くの窓から自然光が取り込まれる教室にとって十分な明るさがあります。画像が色あせるのではないかという心配は、学校のスタッフがプロジェクターの動作を見てすぐに消えました。

さらに、超短焦点レンズにより、狭いスペースでも大きな画像を投影できます。市川氏にとっては、ペンも意思決定を左右する重要な要素でした。軽量性、簡単なキャリブレーション、長いバッテリー寿命、および短い応答時間により、すべての競合製品を凌駕しました。市川氏はこのペンをお気に入りのアクセサリの 1 つにするほどでした。東京コミュニティスクールでは、スタッフと生徒の多くが iPad、MacBooks、Apple TV などの Apple 製品を使用しています。これらのデバイスとの互換性が不可欠であることが明らかになり、BenQ は MW853UST が Apple 製品を完全にサポートしていることを報告しました。これはどの競合製品にもなかった特長です。東京コミュニティスクールは、公開授業を開催し、IT ソリューションを探しているすべての人々を招待して、BenQ の製品を直接見る機会を提供しました。