This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies, you can also manage preferences.

韓国の E-Room 教育機関

  • BenQ
  • 2011-01-01
概要
問題

韓国の E-Room 教育機関では、「スマート学習」が必要です。5 年以上もの間 e-ラーニングの最前線にある E-Room 教育機関で使用するすべての技術は、授業の上に構築される手段として、インタラクションを鼓舞する必要がありました。

ソリューション

この問題を解決するために、BenQ は MW820ST インタラクティブプロジェクターを推奨しました。教室のインタラクションを向上するために作成されている MW820ST は、学生がアイデアについて共同作業し、議論し、共有できるよう支援します。さらに、0.49 短焦点レンズにより、小さな教室でも明るく、ディテール重視の画像が表示されます

結果

E-Room 教育機関は、MW820ST プロジェクター、PW01 PointWrite™ モジュール、および 4 本のペンが含まれる PointWrite™ ソリューションパッケージを導入しました。この 2 つのアイテムは、技術的に進んだ教育センターとしての学校の評判を支えるには十分でした。

要約

セグメント

教育

 

完了年

2011 年

 

プロジェクト

時代遅れになったスマートボードを置き換えるプロジェクターソリューションを提供します。

 

使用した BenQ ソリューション

PointWrite™ ソリューションパッケージ:

  • MW820ST インタラクティブプロジェクター
  • PW01 PointWrite™
課題

E-Room 教育機関は、過大なコストがかからない設備を求めていました。LED スマートボードは、中規模校である E-Room 教育機関にとっては高価すぎました。さらに、教室のスペースが限られているため、小さな教室で使用できるソリューションが必要でした。画像は大きくなければなりませんが、学校の運用コストを低く抑えるために、コスト効率を維持し、環境に優しいソリューションである必要がありました。

学校が検討していたソリューションは、真のスマート学習のためのインタラクションを強化する必要がありました。つまり、その技術ソリューションは、学生の参加を鼓舞する必要があります。LED スマートボードに関して学校が指摘した 1 つの問題は、注釈を付けて学生と共有できないことでした。E-Room 教育機関は、この要件をサポートできるソフトウェアを含む、使いやすく、直感的にすぐに使用できるソリューションを求めていました。

ソリューション

E-Room 教育機関の教師にとって、技術は教える内容と同じ程度に重要です。ただし、手頃な価格の良い技術を見つけるのは大変です。現代技術の広告には、さまざまな環境に優しい宣伝文句が記載されていますが、E-Room 教育機関の教師で最高経営責任者である Ju-won Yun は、それらが言葉にすぎないことを知っています。単純な広告に騙されるのではなく、Yun は教室で使用する真に環境に優しいツールを探し続けました。BenQ の MW820ST を入手したときは、正しいソリューションを見つけたと確信しました。

多くのプロジェクターは、省エネ効果を主張します。ただし、BenQ の MW820ST にはすべてがありました。MW820ST の 0.49 短焦点レンズを活用した 3000 ANSI ルーメンは大きく繊細な画像に最適で、小さな教室でも画質を犠牲にせずに投影できます。しかしながら、BenQ は、すべてのプロジェクターが常に明るい状態を保つ必要はないことを理解しています。SmartEco 技術により、この教育用プロジェクターは、各種のモードを使用してランプの寿命を 6,000 時間から 10,000 時間に延ばすことができます。SmartEco 技術によって輝度は低下しますが、クリアで鮮やかな画像は維持されます。SmartEco 技術は、低い電力が少ないため、メンテナンスコストを大いに削減できます。PointWrite™ モジュールの 4 ポイントのマルチタッチ機能により、教師と学生は同時に制限なしに画面に書き込むことができます。さらに、PointWrite™ を使用すると、授業中に書き込まれたすべての注釈を保存して共有できます。

結果

Yun は、BenQ の MW820ST プロジェクターを選択したことは正しかったと確信しました。画像を広いスペースに表示できただけでなく、スマートボードを処分することもできました。Yun にとって、MW820ST の最も優れた特長は SmartEco による 省エネ機能でした。SmartEco を有効にするとランプの輝度は下がりますが、輝度の変化は授業の妨げになるほど極端ではないことがわかりました。実際に、バルブの寿命が延びるため、Yun は SmartEco を有効にして MW820ST を使用することを選択しました。また、プロジェクターを簡単に設置できる点も気に入りました。簡単に設置できるように設計されている MW820ST は、取り付けられた壁掛け器具にスライドインするだけで設置でき、古い学校の壁面にも取り付けることができます。

注文内容に含まれていた赤外線ペンは、E-Room にとって特筆すべき変化でした。さまざまなカラーと太さでボードに書き込むことができるだけでなく、簡単にキャリブレーションできました。1 秒間でできるキャリブレーションにより、MW820ST の PointWrite™ モジュールで迅速にセットアップできるため、教師はメモを書き込んで学生のインタラクションを高めることができます。韓国の E-Room 教育機関では、プロジェクターのみで e-教室環境を維持できました。