このサイトはクッキーを使用します。サイトをブラウズされると、弊社がクッキーを使用することに同意されたものとみなされます。お客様は、環境設定も管理できます。
詳細を見る
BenQナレッジセンター | 知識ページ

購入者向けビジネスプロジェクターガイド - はじめに

理想的なビジネスプロジェクターを選択する3つの簡単な手順

2018/06/15

SOHOからエンタープライズ向けの用途まで、ビジネスプロジェクターはより多くの機会をお客様に提供します。近代的なビジネスタイプの多様化に伴い、ビジネスプロジェクターでは数多くのデザインや機能革新が出回るようになりました。すべてを考慮する上で、まず会議室のサイズと投影環境を確認します。次に、設置要件を確認します。最後に、ビジネス要件を満たすプロジェクターを選択します。ホームオフィスのプロ、スモールビジネスのオーナー、さらには大企業でも、適切なプロジェクターを見つけることがビジネスチャンスの拡大につながります。

ステップ1:会議室のサイズと投影の明るさに基づいてプロジェクターを選択する。

ビジネス情報のためにプロジェクターを選択する際の重要な考慮点は、投影の明るさです。約10名を収容できる典型的な小型会議室では、3,000〜3,499ルーメンの明るさを持つプロジェクターを使用して、省エネと投影時の明瞭度のバランスを取るようお勧めします。約20名用の中規模のミーティングルームでは、より多くの参加者とより大きな投影寸法に対応するために、プロジェクターには3,500〜5,000ルーメンが必要です。5,000ルーメン以上の非常に明るいプロジェクターは、十分な強度の明るさと画像明瞭さを実現するために、40人以上の参加者を収容する大きなコンファレンスルームに最適です。また、直接照明のある場所では、ライトが点灯している状態でのビジネスプレゼンテーションニーズをサポートするために、輝度要件を1,000ルーメン上げるようお勧めします。

ステップ2:インストール要件に基づいてプロジェクターを選択する

ビジネスでは、プロジェクターを別のコンファレンスルームに移動したり、客先の会議室に運ばなければならないこともあります。特定のビジネスニーズに合わせて適切なプロジェクターを選択することが重要です。スクリーンの前にプロジェクターを置くことができる会議室では、縦台形補正機能を備えたプロジェクターが最適な画像のアライメントに便利です。スペースに制約がある小さなミーティングルームで、プロジェクターをスクリーンの前に配置することが困難な場合は、縦横台形補正とサイド投写機能を備えたプロジェクターモデルを選ぶことで、画面の左または右のいずれかから正しい画像アスペクト比を確保できます。

ステップ3:ビジネス要件を満たすプロジェクターを選択する。

現在、近代的なビジネスの多様なニーズに対応するために、多種多様なプロジェクターが出回っています。さまざまなビジネスミーティングのニーズを考慮すると、有線接続モデルは、単一のスペースで使用される大半の投写要件を満たすことができます。プロジェクターが投写源としてスマートデバイスに接続することが多い場合は、ワイヤレス伝送機能を備えたモデルを探します。複数の会議室に専用プロジェクターを備えた大企業の場合、LAN接続とリモート管理機能を備えたビジネスプロジェクターモデルにより、複数のプロジェクターの効率的な管理が容易になります。

BenQプロジェクターの対応するさまざまな投写のビジネスニーズをご覧ください。投写にまつわる最高のアイデアをご紹介しています。

ホームオフィス、スモールビジネス、企業の会議スペースはすべて、製品情報やマーケティング計画のプレゼンテーションに必要な顧客のニーズを満たす必要があります。使用要件を満たすパフォーマンスと機能を備えたビジネスプロジェクターは、生産性を向上させ、新たな機会を創り出すことができます。BenQビジネスプロジェクターは、さまざまなプレゼンテーションシナリオ用に設計されたハードウェア仕様とスマート機能の両方を提供し、優れたビジネス投写の最高のパートナーとして機能します。

BenQビジネスプロジェクターシリーズ

TOP