BenQ ScreenBar Plus x SPEC B2B ケーススタディー
オフィスの光環境を改善し一人ひとりの効率を向上
そして会社の成功の源に
日本の現状は?

オリコン・コミュニケーションズは、全国の20〜50代の働く男女計788人に対し、「サラリーマン/OLの“目”に関する調査」を実施。 「どの程度の時間、パソコン関連機器を使用しているか?」と、
質問したところ、「会社での利用時間」、「自宅での利用時間」、そして「スマートフォン/携帯/テレビなどのディスプレイ機器の使用時間」を合わせると、「1日平均11時間」という結果が浮かび上がりました。

BenQがオフィス環境のソリューションを提案

BenQ本社でScreenBarを販売した際、全社員約3000人のうち2/3の人達が購入しました。
仕事上、多くの場面で役に立つ商品だからこそ多くの方に使ってもらいたい。
この思いを実現するためにキャンペーンを通し、実際にScreenBar Plusを使ってもらい、オフィスに理想的な光環境を実現します。

目標

ScreenBar Plusでオフィス空間の活用を実現、仕事上の効率の変化を感じられ、会社全体での生産性向上。

調査概要

ScreenBar Plusでオフィス環境のスペース節約、従業員の作業効率、さらに会社全体の効率向上への影響について調査を実施しました。

会社について

会社名: 株式会社SPEC

業種: IT関連

社員数: 100名

事業内容: ソフトウェア開発, コンサルティング,ネットワーク構築

回答対象: 

20‐60代の会社員

 


管理本部 1人

営業 1人

営業アシスタント 1人

エンジニア 6人

方法
サンプル数 : 10台

使用前後を含め全6週間のアンケート調査

事前調査
(1週間)

使用開始
(4週間)

事後調査
(使用無し/1週間)

Survey Result Graph
疲労感の減少
合計残業時間の増加
集中力の増加
体への負担の減少
満足度や窮屈感などの改善
体力x集中力x健康x効力 全体の平均で153%の成長
Growth rate after Screenbar Plus usage
インタビュー
使用者の声

「残業が伸びても疲れを感じない」

(営業アシスタント/女性 30-40代)

「午後の目の疲れが軽減される」
「ストレスフリーとなり
それが最終的に集中力につながる」

(営業/男性 50-60代)

「デスク周りの窮屈感が
改善された」

(エンジニア/男性 50-60代)

「オフィス環境を改善する
第一歩になる」

(管理/男性 50-60代)

ケーススタディーまとめ
アンケート調査から

体力、集中力、健康、効力についての全体で153%の 成長または増加が現れた

インタビューでの主な意見

疲労減少、そして集中力の向上によって仕事の効率が向上

結果からScreenBar Plusは会社全体の効率向上へ そして目に見える結果への影響が期待される!

適切なオフィス照明は、従業員の生産性やパフォーマンスに大きく影響します。 快適で健康な職場環境づくりをはじめてみてはいかがでしょうか。 BenQコーポレーションはスクリーンバーという革新的な照明器具を導入することでオフィス環境改善していく提案を行っています。 ご相談・お問い合わせは下記窓口までご連絡ください。 digimarket.jp@benq.com

TOP