お客様の待ち時間にレストランビジネスを拡大

  • BenQ
  • 2016-09-29

DIGITIMES の調査によれば、デジタルサイネージを使用してメニューを表示するレストランは、損益分岐点後 6 か月から 3 年後までの利益を期待できます。このことが、投資利益率の向上にどのように貢献しますか? デジタルメニューボードは、従来のメニューと比較して、顧客エンゲージメントを 50% 向上し、待ち時間によるお客様の不満を 15% 軽減できます。

デジタルメニューボードのメリット:









● デジタルメニューボードは簡単に変更または更新して、新しい健康管理に関する法律に適合できる(米国) 
● ほんの数クリックで、新しいメニュー品目の追加や価格の変更ができる
● アップセル/「フライドポテトと飲み物を追加しますか?」が不要になる
● 知覚される待ち時間を減らす
● より多くの宣伝材料(ビデオ/QR コード/ソーシャルメディア)によって、お客様を楽しませ、顧客体験を高める<br>
● ブランドの一貫性
● 印刷、配送、トレーニングのコストを削減

 

ファーストフードチェーン店の購入の 40 ~ 70% は衝動買いであるという事実を考慮してください。従来のメニューボードをデジタルサイネージディスプレイに置き換えると、売上を効率的に高めることができます。調査によれば、デジタルメニューボードに表示されるプロモーション品目によって、販売が 2 倍または 3 倍に増えます。店舗は、天候や時刻を反映するようにメニューの内容を調整して、さらに対象を絞った広告を作成できます。コマーシャル、販促商品、およびメニュー品目を最も効果的な方法で提供するには、柔軟なソフトウェアフレームワークとデジタルコンテンツの統合が必要です。

店舗にとっては、各自の内容をカスタマイズする機能は、簡単で柔軟でなければなりません。例としては、メニュー品目の変更、食事へのカロリー情報の追加、時刻、特別な休日、およびイベントに基づいたスケジュールの変更などがあります。価格、コマーシャル、および商品を変更するには、コンテンツを簡単なドラッグアンドドロップ操作によって編集できる簡単なユーザーインターフェイスを含むクラウド管理プラットフォームおよびリモート管理システムが不可欠です。

最も重要なことは、デジタルボードが残りの作業を処理している間に、レストランの従業員は、美味しい食事を作り、素晴らしい顧客サービスを提供することに集中できます。これにより、トレーニングコストが削減されるだけでなく、顧客獲得率と顧客維持率の向上も期待できます。