GIGAスクール構想時代 ICT活用はBenQ電子黒板とともに
BenQ電子黒板は毎日学校で多忙な先生方に寄添うべく誕生しました。
“従来のやり方” X “ICT教育” であるハイブリットティーチング
授業の効率改善!業務時間削減!
教室の広さ、使い方に合わせ製品のご提案やオンラインデモをさせていただきます。
ぜひ、一度お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。
弊社営業担当より価格も併せてご連絡いたします。
ベンキュー電子黒板の便利な機能
変化に富んだ主体的で対話的な深い学びを実現、学校や教室環境への配慮も忘れない
使い方が簡単!直感的な書きやすさ!どなたでもすぐに使い始められます!

アイコンが分かりやすいため、スマートフォンやタブレットを扱うように初めての方でも迷わずに操作が可能です。

また、Fine IR+技術採用により、タッチの検知精度が上がったことでまるでホワイトボードのように書き心地がよくなりました。

いつでもすぐに操作方法を確認できます

端末とワイヤレス接続可能!個人の端末を電子黒板にミラーリングできます!

ワイヤレスキャスティングソフト(InstaShare)では、Chromebook、Windowsのパソコン、iPadを 電子黒板と同じネットワークに接続することで、ワイヤレスで画面が表示でき、長いケーブルの 準備や接続が不要です。また、電子黒板からWindowsのパソコン画面の操作を行えるタッチバック機能も 搭載しています。さらに、タブレットから遠隔的に電子黒板への書込み(EZWrite)も可能なので、 必ずしも黒板の前に立つ必要はありません。

日本初!菌の繁殖を抑える抗菌ガラス採用!教室環境への配慮も忘れません!

SIAAの抗菌の認証取得した抗菌ガラスを採用しているので菌の繁殖を抑えられ、安心して毎日毎時間電子黒板をお使い頂けます。

また、温度や湿度センサーの他に、集中力の低下を招く一因であるCO2の量も測定しているので、 ベストなタイミングで換気をすることができ、学習環境の改善に役立ちます。

CO2センサー

眠気を誘い、集中力低下の原因であるCO2濃度を測り、

濃度が上昇するとアラートが鳴る機能を搭載しています。

【厚生労働省推奨基準】CO2濃度1,000ppm以下が良好な換気状態の基準として提示されております。

グリーン購入法適合製品

導入事例
ICT利活用授業研究推進校 神奈川県立秦野高校様

『BenQ の電子黒板を導入したことで、授業が早く手軽になった』

『自分の考えをうまく伝える手段としてICTがうまく融合する』

数学科 水上教諭

『子どもたちに考えさせて、さらに考えさせられる授業ができる』

『大画面で可視化することで、子どもたち自身から“気づいてもらう”授業ができる』

元教員 山口教諭

児童・生徒や先生方の健康にも配慮した設計
空気品質センサー
学生の集中力を維持

温度、湿度、PM2.5、PM10、CO2濃度と揮発性有機化合物(VOC)レベルをリアルタイムで計測し、学びに最適な教室環境を維持するのに役立ちます。

抗菌ガラス
細菌に打ち勝つ

抗菌スクリーンはTÜVおよびSIAA認証されており、非毒性で耐久性のある銀ナノイオン物質の高濃度多層コーティングでカバーされています。これが細胞分裂のメカニズムを破壊し、接触時にほとんどの細菌およびウイルスを全滅させることができます。

アイケアソリューション
授業中にはっきりと見える

AG+スクリーンとトータルアイケアソリューションで構成されたBenQ社の電子黒板なら、目の健康を保護することができます。これにより、生徒たちに健康的な学習環境を提供し、生徒たちが目の疲れや注意散漫に悩まずに完璧に学習に集中することが可能です。

アカウントマネジメントシステム
(AMS)
X-Sign ブロードキャスト
デバイスマネジメントソリューション
(DMS)
別の教室から教材にアクセス

BenQのAMSはGoogleドライブやOneDrive、Dropbox、ネットワークフォルダに接続が可能です。教師は授業の資料をEZWriteにインポートでき、再度アカウント情報を入力しなくてもどの教室からでもAMSを通じて補足ファイルを開くことができます。

X-Signブロードキャストで配信システムを強化

X-Signブロードキャストは、他の教室間での配信プロセスを簡素化するようにデザインされ、学校からのメッセージや教材、ビデオ、オーディオファイルを全員に配信することができ、ラップトップやスマートフォン、タブレットを使って専用の電子黒板やスマートプロジェクターに配信できます。

デバイス管理ソリューションで手間のかからないクラウド管理

インターネット経由でDMSクラウドを使ってディスプレイをリモートで管理します。運用のTCO(総所有コスト)と労力を軽減するのに効果的な方法です。

BenQ インタラクティブ・
フラットパネルスタンド付き
RP6502-STD
65型

本体+スタンド

定価:オープン価格

市場想定価格:640,000 円~(税込)

BenQ インタラクティブ・
フラットパネルスタンド付き
RP7502-STD
75型

本体+スタンド

定価:オープン価格

市場想定価格:872,000 円~(税込)

BenQ インタラクティブ・
フラットパネルスタンド付き
RP8602-STD
86型

本体+スタンド

定価:オープン価格

市場想定価格:1,253,000 円~(税込)

BenQ インタラクティブ・
フラットパネル本体のみ
RP6502-Z
65型

本体

定価:オープン価格

市場想定価格:504,000 円~(税込)

BenQ インタラクティブ・
フラットパネル本体のみ
RP7502-Z
75型

本体

定価:オープン価格

市場想定価格:715,000 円~(税込)

BenQ インタラクティブ・
フラットパネル本体のみ
RP8602-Z
86型

本体

定価:オープン価格

市場想定価格:989,000 円~(税込)

【留意事項】

※1-STD(スタンダード パッケージ)は、開梱、スタンド組立、IFP本体のスタンドへの取付、電源起動確認、及び梱包材の回収を含むセットになります。 納品条件により、追加料金が発生することがございます。

※2-梱包材の回収は、納品時の開梱、組立作業時に限ります。

※3-階段上げは、別途有償となります。階段上げ(1商品ごと)税抜:2~4階¥20,000、5~7階¥40,000、以降、2階層ごとに追加¥20,000